食べ研

元食品企画開発部員による、お菓子の情報・口コミサイト。定番&期間限定のスーパー、コンビニ菓子を深掘り!

クッキー・ビスケット

【期間限定】アルフォート いちご(ブルボン)商品分析!

どーも!食べ研です。元企画開発部員のティーがお送りします。

本日のお菓子は、【期間限定】アルフォート いちご  です!!

アルフォート いちご

今日も好き勝手に市販商品を分析していきたいと思います。さっそく見ていきましょう。

 

※関連記事

【期間限定】アルフォートミニチョコレート 塩バニラ(ブルボン)商品分析!

【新発売】アルフォートミニチョコレート北海道小豆(ブルボン)商品分析!

【期間限定】アルフォートFS マロン&ミルクチョコ(ブルボン)商品分析!

 

スポンサーリンク

基本データ

まずは基本データから。

商品名 157g アルフォート いちご
製造者  株式会社 ブルボン
名称  ビスケット
内容量  157g(個包装込み)(※数えたところ、13枚入り)
原材料  小麦粉、砂糖、ココアバター、ショートニング、植物油脂、乳糖、全粉乳、小麦全粒粉、デキストリン、ココアパウダー、脱脂粉乳、いちご粉末、食塩、クリーミングパウダー(乳成分を含む)/膨張剤、乳化剤(大豆由来)、着色料(ビートレッド)、香料(乳由来)、酸味料
 原材料中に含まれるアレルギー物質(27品目中)  乳・小麦・大豆
賞味期限  12ヶ月
発売日  2017年12月12日(火)
発売エリア  全国(販売チャネル:量販店、ドラッグストア、小売店、売店など)
価格  参考価格350円(税別)
商品コンセプト・説明  さっくりと焼き上げたココアビスケットと、甘酸っぱいいちごチョコレートを組み合わせました。いちご味のアルフォートだけを入れた大袋商品です。(ニュースリリースより)
備考  新発売、期間限定

ブルボンの人気ビスケットシリーズ「アルフォート」より、期間限定商品「アルフォート いちご」が新登場。

 

商品キーワード

新発売、期間限定、ブルボン、アルフォート、いちご、大袋商品、いちごフェア

やはりここで注目すべきは、「アルフォート」「いちご」というポイントですね!

多くの人気ブランドを抱える総合お菓子メーカーであるブルボン、その中でも人気の高いブランドのひとつと言えば、本ページで紹介している「アルフォート」ですよね。

アルフォートは帆船をモチーフにしたイラストが特徴の、チョコレートビスケット。安価でおいしいので買い求めやすく、リピーターだという方も多いことでしょう。定期的に期間限定商品が投入され、好評のフレーバーも多数あるようです。

 

さて、今回のフレーバーは「いちご」。冬になると、年末のイベント需要でイチゴ(青果の方。なので表記もカタカナで…)がたくさん出回りますね!本来のイチゴの旬は4~6月ですが、クリスマスケーキなどの需要のために人工的な旬として、12月前後もたくさんイチゴが販売されます。それに伴って、お菓子の分野でも12月前後にいちごフレーバーが旬のものととして多数登場するようになりますね。

そして、言わずもがな冬はチョコレートの最盛期! ビスケットと組み合わせてあるこの「アルフォート」シリーズでもチョコレートは重要な要素ですから、この旬に乗らない手はないでしょうね。

 

今期、ブルボンでは「いちごフェア」と称していちごフレーバーの期間限定商品を同社各人気ブランドから市場投入しています。人気の高いブランチュール、エリーゼ、バームロールなど、いちごをモチーフにしたパッケージと味付けの商品がそろっています。気になった方は、公式サイトや店頭でもチェックしてみてくださいね。

こちらのページでは「アルフォート いちご」について、さらに詳しくみていきます! いちごフレーバーのアルフォート、甘み強めか、それとも大人向けの落ち着いた味か…いちご味はモノによって子ども向け・大人向けで少し傾向が違いますよね。どのような味に仕上がっているのか、要チェックです!

 

製品購入データ

こんな場所で実際に購入しましたよー。

購入店舗  郊外型スーパー
購入日  2018/01/03
購入価格
備考

今回は購入時の価格不明ですー。期間限定商品として、お菓子の新商品をまとめたエンドに配置してありました。

 

製品チェック

パッケージ

それでは、パッケージから見ていきましょう!

 

パッケージ(表)

アルフォート いちご

ピンクと赤を基調とした、いちごをイメージしたカラーリング。商品名は赤、フレーバー名は赤リボンのイラストの中に書かれ、文字色などもいちごをイメージ。

真っ赤ないちごのイメージ写真と商品写真ののチョコレートのピンクに対して、裏側の黒いビスケット生地のコントラストも印象的です。色味が華やかなので、売り場でも目立ちますね。

キャッチフレーズは「甘酸っぱい いちご風味」。いちご味の商品は甘み強めのものも多いですが、こちらの商品は酸味を立たせたものであることがわかります。

 

パッケージ(裏)

アルフォート いちご

裏面上半分に商品説明、下半分に表示関連必要事項。

商品説明に商品イラストと詳細な商品の解説が書かれています。この説明を読むと、このアルフォートの味の特長が「甘酸っぱい×ほろ苦い」組み合わせであることがわかります。

 

栄養成分表示拡大

アルフォート いちご

1枚あたり10.1gで、カロリーは55kcal。

アルフォート5枚で大体重量的には板チョコ1枚分と同じくらい、カロリーもほとんど同じくらいになります。

 

原材料表示部分拡大

アルフォート いちご

ここで注目すべきは原材料に「ココアパウダー」「イチゴ粉末」とある部分ですね!

最も多く含まれる原料は「小麦粉」で、次いで「砂糖」。ビスケットの主原料である小麦粉が最も多く、ビスケットとチョコレート両方に含まれる砂糖が次いで多いことがわかります。

油脂類である「ココアバター」はチョコレートでのメインの油脂として、「ショートニング」はビスケットでのメインの油脂としてそれぞれ使われています。ビスケットのショートニングはバターの代用品で工業的なお菓子作りには定番で登場します。バターによる濃厚なコクは減退するもののかなりのコストカット効果があるので重宝されています。このショートニングを使用していることから、ビスケットの後味はややあっさりめの仕上がりでしょう。

植物油脂も使われていますが、日本のチョコレートはココアバターと植物油脂の併用型が多いですね。こちらはチョコレート部の原料でしょう。

 

このフレーバーの要、いちご味に関係する原料は「いちご粉末」。フリーズドライのストロベリーパウダーかと思います。このようなチョコレートの練り込みのほか、ケーキに練りこんでいちご味にできます。イチゴそのままの自然な味であり、ジューシーさも出せるのが特長ですね。

気になる添加量はというと、比較しやすいココアパウダーの量と比べてみると、いちご粉末はココアよりも量が少ないようです。ココアパウダー自体少量でも比較的味・色が出やすいのでそこまで多く入れるものではないのですが、それやりも少ないことを考えると、いちご粉末の添加量は控えめそうですね。

 

このほかの主な原料としては、チョコレートのミルク分と、ビスケットの練り込みに「ココアパウダー」が使われています。このココアパウダーは「ブラックココアパウダー」という真っ黒いパウダーを使っており、ココアの香り高さ、黒さの際立つ色味、ほろ苦さを有し、「より本格的なココア味」を表現するのに欠かせない素材。また、「小麦全粒粉」は小麦をまるごと挽いたもので、食感に粒状感を加えることができます(いわゆるザクザク・サクサク食感ですね)。

 

添加物は、膨張剤以下の5種。ビスケットを焼き上げる際に使う膨張剤(ベーキングパウダー)やチョコレートの分離を防ぐ乳化剤、着色料でいちごらしい色味を、香料でいちごの香りを、酸味料で適度な酸味を付与しています。ビスケット部分は、ブラックココアの自然な色味ですね。

 

包装

個包装もチェック。

個包装(裏表)

アルフォート いちご

ちょっと見づらいですが、淡いピンクの背景色に赤い文字で、いちごフレーバーらしい個包装。

裏面にはアレルゲン表示もしっかりと入れてあるので、アレルギーを持つ消費者にも配慮していますね。

 

商品実物

実際のお菓子がこちら。

 

商品アップ(表裏)

アルフォート いちご

アルフォート いちご

ピンクのチョコと黒のビスケット。

 

断面(割ってみたところ)

アルフォート いちご

断面でも色の対比がくっきり。

 

〈外観(見た目・サイズ)〉

〈見た目〉

アルフォートシリーズの特徴である帆船のモチーフが描かれた表面、ブルボンの文字が入ったビスケットのシリーズ独自のデザイン。いちご味らしいピンクのチョコレートが印象的ですね。

濃い目のピンクと黒の色の対比が、味の濃厚さをイメージさせます。いちごチョコレートのピンクと、ココアビスケットの黒。どちらも濃い色味なので、濃厚さとともに華やかさもの演出も。

原材料のところでも触れましたが、ビスケットはブラックココアそのものによる自然な発色で、チョコレートのピンクは見た目に配慮し赤系の天然着色料が使われ、食欲をそそるいちごらしい色味に色付けされています。

いちご粉末そのものは鮮やかな色を持つのですが、他の材料と混ぜると当然その鮮やかさはなくなってうっすーい色になってしまうので、食欲そそるビジュアルにするためにも適度な着色は欠かせませんね。見た目の良さは、食欲に相当影響します!

 

〈サイズ〉

商品実測値(※繰り返し計測なし)

全体 長さ(cm) 長辺 5.5 短辺 3.4 高さ 0.6
ビスケットのみ 長さ(cm) 長辺 4.6 短辺 2.7 高さ

この商品はミニではないノーマルサイズのアルフォートなので、2くち分くらいのサイズ。

 

〈香り・食感・味〉

〈香り〉

甘酸っぱい味わいをイメージできる、いちごの香りがブワッと強めに香ります。ブルボンの商品は香りが強めにつけてあるものが多いですね(ここまで強くなくとも…とも思いますが…)。当然、これだけ強力な香りなのは香料を多めに入れてあるからでしょう。

酸味がしっかりあることを感じられるタイプの香料が使われていますね。香りづけが強い分、甘い匂いも強くなっています。

いちご香料が強めな分、ココアビスケットの香りは鼻を近づけても感じられませんでした。ココアの香りも楽しめる程度に、いちご香料の量を微調整してあっても良いかな、と思います。

しかし、香りがしっかりあることで食べる前からしっかりと味をイメージでき、期待感も膨らみますよね。食べる側の個人差としては、香料の添加量が多めなので人によっては香りが強すぎると感じるでしょう。

 

〈食感〉

噛んでみるとチョコレートの層はパキッと、ビスケットの層はザクッという音と共に割れ、一口目から食感の違いがはっきりとしています。

ビスケットがある部分のチョコレートはやや薄くよりパキッとした食感が強く、少し噛むと徐々に滑らかに口の中に広がります。

一方のビスケットは、サクサクとした食感ながら適度に水分がありチョコレートの効果もあって口がパサつきません。ビスケットとチョコレートの量のバランスが程よく、どちらの食感もしっかりと愉しむことができます。チョコレートもビスケットも口どけが良いので、口に残る感じがなく食べやすいです。

このあたりは、やはりロングセラー商品だけあって、さすがのバランスですね。

 

〈味〉

いちごの甘酸っぱさとココアのほろ苦さの対比が効いた、程よい甘さのチョコレートビスケットです。濃厚というよりは、いちごの風味はライトで甘酸っぱさが立っており、ココアビスケットのほろ苦さが食感同様良いバランスになっています。

いちごのチョコレートは甘みがしっかりありつつも程よいやさしい酸味が効いていることで、爽やかで甘さ控えめに感じられます。鼻に抜ける香りと共に、甘酸っぱさがしっかりといちごらしい味わいを感じさせます。昨今人気の「濃厚いちごチョコ」というよりは、酸味が出たさっぱりした甘みのチョコレートですね。

 

一方のビスケットの方はココアによってほろ苦い味わいがあり、ノーマルなアルフォートのビスケットよりも味の主張がありますね。ココアによっていちごそのものの味わいはやや控えめに感じられますが、甘酸っぱさがより引き立っているのは「苦み」と「酸味」では味の傾向が違うからこそですね。これでノーマルなビスケットだったら、甘みを強く感じてしまい飽きが来やすかったと思うので、ココアビスケットとの組み合わせは味の傾向として良いなと感じました。

 

また、派生シリーズである「アルフォートミニチョコレート」から、より本格的ないちごの味わいを追求したプレミアム商品も発売されていますが、そちらはいちご系の原料をより多めに使って濃厚さを表現しています。それに対しこの商品ではよりライトな味わい(※いちごの含有量は明記されていない)のいちごチョコ×ココアビスケットアルフォートとなっていますね。

どちらを好むかは、個人の味の好みと、内容量や値段の違いに左右されるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

関連商品

アルフォートFS(ブルボン)

アルフォートFS

ブルボンのビスケットシリーズの中でも高い人気を誇る、アルフォートシリーズの最もベーシックな商品がこちら。ミルクチョコと、さらにミルク風味を強めたクリーミーなリッチミルクチョコの2種アソート。

 

アルフォートFS マロン&ミルクチョコ(ブルボン)

アルフォート マロン&ミルクチョコ

人気のアルフォートFSに、季節限定の秋の味わい「栗」をフレーバーにした限定味を入れたミルクチョコとの2種アソート。

※当サイトの記事

【期間限定】アルフォートFS マロン&ミルクチョコ(ブルボン)商品分析!

 

アルフォートミニチョコレート プレミアム濃苺(ブルボン)

アルフォートミニチョコレート 濃苺

ポケッタブルサイズのパッケージに小さめサイズのアルフォートが入った、アルフォートの派生シリーズ。この商品は中でも原料にこだわった「プレミアム」で、生換算40%のいちごを使用している。

 

他社、他ブランドの競合商品

ビスケット×チョコレートの商品は、ボリューム感や食べごたえがあり、安定した人気のブランドがいくつもありますね。中でもこのブルボン アルフォートシリーズはお求めやすい価格と品質が良いことで支持されています。近年では多くの商品が原料値上げされており内容量に不満を感じる消費者の方が少なくありませんが、こちらの商品は価格に対してのお得感はまだまだ健在。

 

さて、今回のフレーバー「いちご味」はと言えば、甘いタイプのお菓子には引っ張りだこの大人気フレーバー。色味も華やかで消費者にもなじみがあり、味も表現しやすくどのようなお菓子でも合わせやすい万能選手。…というわけで、目新しさはありませんが、手堅く購入が見込める人気フレーバーだけあって、新商品投入数もかなりものです。

定番商品の他、旬の時期を狙って新商品が大量に複数メーカーから投入されますね。それだけメーカーからも消費者からも人気者ということです。

 

〈同ジャンル菓子〉ビスケット

リッチストロベリービスケット(明治)

リッチストロベリービスケット

明治の人気ハードタイプチョコサンドビスケット。

 

〈別ジャンル菓子〉チョコレート

ポッキーダブル ストロベリー 禁断の二度がけチョコ(グリコ)

ポッキーダブル ストロベリー

グリコを代表するチョコレートプレッツェル、ポッキーのリッチライン。チョコレートを二度掛けすることで、ぽってりとした厚みと濃厚で贅沢な味わいを表現。

こちらはアルフォートと違い、チョコレート部多めの製品。

 

(独断と偏見による)製品評価

パッケージ評価 ★★★★☆☆☆ブランドやフレーバー内容など伝わりやすい、見やすいパッケージ。
製品評価(味・香り・食感・見た目) ★★★★★☆☆見た目華やか、いちごの甘酸っぱい味わいとビスケットのほろ苦さ◎
総合評価 ★★★★★☆☆甘さ控えめで甘酸っぱい、大人も楽しめるいちご味で◎

いちごの甘酸っぱさとビスケットのほろ苦さが合わさり、大人も楽しめる一品です。

アルフォートシリーズは、ミルクチョコレート系、ホワイトチョコレート系ともに全体にやや甘み強めな商品が多いですね。今回の商品もブラックココアが使われたビスケットとは言え甘さが強いのではないかと思っていましたが、意外にも酸味が適度に立った、甘酸っぱくほろ苦い大人も楽しめる味わいのチョコレートビスケットに仕上がっていました。

いちごの味自体はそこまで強くはないですが、強めの香りとしっかりした酸味、ココアの苦みにより甘酸っぱいいちごらしい味わいが表現された、ライトな味わいのいちごチョコレートとなっています。

飽きの来ない味わいとなっており、これはやはり甘酸っぱいチョコレート+ほろ苦いビスケット、と2つの異なるお菓子/味わいが組み合わさったからこそですね。

 

飽きの来ない大人も楽しめる味のバランスなので、総合で★5つです。

より濃厚でリッチな味わいのいちご味の商品もありますが、この「アルフォート いちご」は量も入っていて値ごろ感もあり、気軽にいちご味を楽しめるお菓子と言えそうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブルボンの期間限定「アルフォート いちご」

甘酸っぱいちごチョコ×ほろ苦いビスケットの、万人受けするタイプの味わいの商品でしたね。今回のFS(ファミリーサイズ)はいちごの実が入っているので、特にいちごチョコレート好きの方におすすめです。

期間限定なので、気になった方はお早めにお試しを。

Amazonアソシエイトーサーチウィジェット(バレンタイン

楽天アフィリエイト

-クッキー・ビスケット
-, , , , , , , , , ,