食べ研

元食品企画開発部員による、お菓子の情報・口コミサイト。定番&期間限定のスーパー、コンビニ菓子を深掘り!

チョコレート

【新発売】ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル(セブンプレミアム)商品分析!

どーも!食べ研です。元企画開発部員のティーがお送りします。

本日のお菓子は、【新発売】ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル  です!!

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

この商品は、パッケージでは「ほろほろ食感 ひとくち焼きショコラ」と書かれていますね。

今日も好き勝手に市販商品を分析していきたいと思います。さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

基本データ

まずは基本データから。

商品名  ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル
製造者  株式会社 東ハト
名称 準チョコレート菓子
内容量 40g(※数えたところ、9個入り)
原材料 準チョコレート(植物油脂、乳糖、全粉乳、砂糖、ココアバター、脱脂粉乳、クリーム粉末)、小麦粉、マーガリン、キャラメルパウダー、乳糖、ブドウ糖、ココアパウダー、アーモンドパウダー、食物繊維(イヌリン)、クリーム(乳製品)、全粉乳、キャラメルペースト、食塩/ソルビトール、カラメル色素、乳化剤、香料、カロチノイド色素、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)
原材料中に含まれるアレルギー物質(27品目中) 乳成分・小麦・大豆
賞味期限
発売日 2018年6月18日(月)
発売エリア 全国 ※一部店舗では取り扱いなし。
価格 108円(税込)、100円(税別)
商品コンセプト・説明 ・ほろほろとした食感でひとくちサイズの食べやすい塩キャラメル味の焼きショコラです。
キャラメルパウダー・キャラメルペーストを練り込み、ほのかに塩を効かせて後味をすっきりさせました。
口の中でほどけるようなほろほろ食感で、塩キャラメルの味わいが広がります。
焼きチョコ製法で手にチョコレートが付きにくく、持ち運びに便利です。(公式サイト 商品ページより)
備考 新発売、店舗限定

セブンプレミアム「ひとくち焼きショコラ」に新フレーバー「ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル」が新登場。

 

商品キーワード

新発売、セブンイレブン、セブンプレミアム、コンビニ、PB、東ハト、ひとくち焼きショコラ、塩キャラメル、焼きチョコ製法、手に付きにくい、夏

やはりここで注目すべきは、「塩キャラメル」「焼きチョコ製法」「夏」というポイントですね!

 

セブン&アイのPBであるセブンプレミアムでは、有名大手メーカーから業務用を得意とするメーカーなど高い商品供給能力を持つ会社が製造する商品をお手頃な価格で購入できます。

コンビニ商品は高い企画力もあって、セブンイレブンはもちろん同業他社の商品もとても評判が良いですね。菓子、デザート類、ドリンクなどアイテム数や内容も多岐に渡ります。

 

今回の商品は「ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル」。チョコレート菓子である「ひとくち焼きショコラ」シリーズの新フレーバーです。製造は主にスナック菓子を得意とする大手菓子メーカー・東ハト

このシリーズの特長は、なんと言ってもほろほろ食感とチョコレートが手に付かないこと。日本人は他の人種に比べソフト食感を好みやすく(舌などの構造上)、さくさく・ほろほろ・しっとりなどの食感や擬音語を好ましく思う人が多いです。

この商品も、「ほろほろ食感」と商品名の前に付いていることでソフト食感商品であることがすぐにわかりますね。

 

また、夏場は大人気ジャンルである「チョコレート」が一年で一番弱い(売り上げが落ちる)季節。どうしても気温の上昇で溶けてしまいやすく、手の熱でもすぐに溶けてしまい、手が汚れたり形が崩れたりするので敬遠されてしまいます。

そこで夏場好まれるのが、焼きチョコタイプの製品。こちらの「ひとくち焼きショコラ」もこのタイプの商品ですね。

チョコレートが溶けて手が汚れることがないので、夏の暑い日でも持ち歩きやすく手を汚しません。

 

そして、フレーバーである「塩キャラメル」は、夏場に強いソルト系のフレーバーでもありますね。塩を少量含むことで、喉の渇きやすい季節に合うすっきりとした後味に仕上がります。

特にキャラメルは濃厚な甘さの後味があるので、塩との相性が良いです。

 

スポンサーリンク

製品購入データ

こんな場所で実際に購入しましたよー。

購入店舗  コンビニ(セブンイレブン)
購入日  2018/08/01
購入価格 ¥108(税込)
備考 PB商品のため、販売店舗限定

セブンプレミアムブランドのPB商品のため、セブンイレブンにて購入。

チョコレートの棚の横、フック陳列にて販売されていました。

 

製品チェック

パッケージ

それでは、パッケージから見ていきましょう!

パッケージ(表)

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

赤茶色のグラデーションカラーの背景色に、商品名・商品画像の入ったシンプルなデザイン。フック穴ありのマチなしアルミ蒸着のパッケージ。

枠内の大き目の文字で「ほろほろ食感 ひとくち焼きショコラ」と書かれていて、食感の良さを推している商品であることがわかります。

左下側に黄色い円の中にフレーバー名の「塩キャラメル」と

下には栄養成分表示と、小さめの文字で「ロレーヌ岩塩使用」「商品中の粒はアーモンドです」という情報も書かれています。

 

商品の写真はランダムに並べられた焼きショコラ。9個並べられているので、1袋にこれだけくらい入っている、というのがわかります。形や色、質感が忠実なので、どんな商品かしっかりイメージできますね。(中身がどんなものかちゃんと理解できないと、消費者は買い控えると言います)

 

パッケージ(裏)

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

パッケージ関連必要事項の書かれたシンプルなパッケージ裏。

 

栄養成分表示拡大

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

1袋40g入りで、全部食べるとカロリーは208kcal。この商品には食物繊維であるイヌリンが含まれているので、食物繊維の表示もありますね。

 

原材料表示部分拡大

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

ここで注目すべきは原材料に「キャラメルパウダー」「アーモンドパウダー」「キャラメルペースト」とある部分ですね!

最も多く含まれる原料は「準チョコレート」、次いで「小麦粉」、「マーガリン」と続きます。

小麦粉などの焼き菓子に使われる原料とチョコレートとをメーカー独自の製法で焼き上げることで、熱に強い焼きチョコとなります。(この商品の説明でも「焼きチョコ製法」を使っていることが書かれていますね)

食物繊維「イヌリン」が使われているのは、食感をよくするためでしょう。健康食品の中には、「食物繊維が摂れます」とうたっているものもありますが、この商品ではそのような文言もないので。

 

焼き菓子(特にタルト生地など)では、アーモンドプードルを練り込む事でより香ばしく風味良く仕上げることがありますが、こちらの商品でも焼き菓子と相性のよいアーモンドパウダーが使われています。焼き上げることでより一層香ばしくリッチな風味に仕上がります。

 

さて、このフレーバー「塩キャラメル」の要となる原料は「キャラメルパウダー」「キャラメルペースト」「食塩」ですね。

キャラメルはパウダー(粉)とペースト(液状)の2種類を使用。パウダー加工したものはペーストとはまた微妙に異なる味わいになります。

塩は、パッケージに書かれている通り、ブランド塩であるフランス原産の「ロレーヌ岩塩」を使用。クッキーなどに一般的に使われるのはたいていブランド塩ではありませんが、このように「塩の風味をしっかりと出した商品」ではブランド塩を使用していることが多いですね。未精製の塩は、精製塩に比べまろやかで旨味があり、深みのある味に仕上がるためです。甘みとの一体感も高くなります。

 

添加物は「ソルビトール」以下の5種。糖類であるソルビトール、そして着色料で食欲そそる見た目に、香料でキャラメル風味を増強しています。

 

包装

個包装なし。

 

商品実物

実際のお菓子がこちら。

包装を開けたところ

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

個包装なしの9個入り。パッケージ写真の個数通りです。

 

商品アップ(表裏)

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

少し丸みのあるキューブ状の形。表面はザラザラとしてランダムにへこみがあり、クッキーのように見える。

 

断面(割ってみたところ)

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

表面と違い、中は「す」がほとんど空いておらず詰まった印象。

 

〈外観(見た目・サイズ)〉

〈見た目〉

やや丸みのある、コロンとしたキューブ状で一見するとクッキーにそっくりです。高さだけやや低めで、少し台形気味に下の生地の方が大きいです。キャラメルらしい茶色で色味も良く、食欲をそそります。生地の表・裏にはランダムにヒビのように凹みがあり、それがまたクッキーに似て見えますね。

良く見ると、少し薄い茶色の粒がありますが、これは練り込まれているアーモンドです。

表面は少しパウダー状の生地が付いていて、やや手が汚れるでしょうか。(ベタベタはしていないので、払えばそんなに気になりませんが)

 

半分にカットすると、しっかりと中が詰まった断面が見えます。カントリーマアムなどのようなしっとり系クッキーを思わせるビジュアルです。

 

〈サイズ〉

商品実測値(※繰り返し計測なし)

長さ(cm) 長辺 2.5 短辺 2.5 高さ 1.1

商品名に「ひとくち」と書かれている通り、大きすぎず小さすぎずのサイズ感のひとくちサイズ。

長辺・短辺は同じサイズで正方形ですが、高さだけ1センチに抑えらえているので、大きく口を開けなくても食べられますね。

 

〈香り・食感・味〉

〈香り〉

パッケージを開けた瞬間、キャラメルの甘く香ばしい香りがふんわりと香ります。

キャラメルそのものやキャラメルフレーバーのお菓子と言えば甘く強く香るものが多いですが、こちらは香りの強さ・甘みともやや控えめ。香料も使われていますが、香りがきつすぎないので良いですね。

 

〈食感〉

かなりのしっとり、ほろほろ食感! 表面に歯が当たってもほとんど抵抗なく噛むことができます。チョコレート菓子というよりホロホロ系の超しっとりクッキー、って言う方がしっくりくる感じです。

少し噛むだけで生地はホロリとほどけて口に広がります。舌触りは(小麦生地なので)滑らかなわけではありませんが、強いしっとり感で口がパサつきません。

一部アーモンドの粒が入っており、それが少しカリッとして食感のアクセントになっていますね。

パッケージに書かれている通り、「ほろほろ食感」が特徴的な商品です。

 

〈味〉

(↓文章で味を説明してもわかりづらい(文章が下手…)ので、今回から図を入れることにしました…手書きで若干見づらいですが、なんとか読めるかと。私個人の感想ですが、食べ始めから先味→中味→後味とこのように変化しているように感じました。)

ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル

口に入れた瞬間、香りと共に口いっぱいにキャラメルの風味が広がります。普通のキャラメル味よりも甘さ控えめ、すっきりした味になっています。

キャラメル味チョコレートと言えばかなり甘く仕上げてあるものが多いですが(元々のキャラメルが砂糖を煮詰めたやつなんで当然といえば当然…)、こちらは甘さ控えめ。アーモンドとココアの風味で旨味も感じます。

 

噛むとすぐにほろほろと生地が口の中で崩れていくのですが、時々大きめのアーモンドがあってそれがより香ばしく味のアクセントになっていますね。アーモンドを噛んだ時にはより強くナッツの風味を感じます。

 

中味から少し塩っ気をほんのり感じますが、後半一気に塩気が強くなり、甘みよりも塩っ気を強く感じるようになります。

キャラメルの甘みと塩味はかなり舌での味の感じ方が違いますが、岩塩を使っていることで塩にも旨味がありまろやかな風味なので、キャラメルの甘みと喧嘩することなく後味を締めています。これがもし精製塩だったら、塩カドが出て塩気がキャラメルの味から浮いてしまうことでしょう。

食べ終わると、塩が効いているのですっきりと後味が切れて、次が食べたくなるバランスですね。(普通のキャラメルだったら、かなり長く甘みが口に残ります。)

 

塩が大事な風味のポイントになっているので、ブランド塩を使っている効果がしっかり出ています。熱で溶けないことも相まって、夏にも食べやすい味わいでしたね。

 

スポンサーリンク

関連商品

ひとくち焼きショコラ(セブンプレミアム)

ひとくち焼きショコラ

独自の焼きチョコ製法で作られた、セブンプレミアムPBの「ひとくち焼きショコラ」。焼いてあることでチョコレートが溶けださず手が汚れないのがメリット。ほろほろ食感で口どけが良い。東ハトと共同開発。

 

他社、他ブランドの競合商品

「ひとくち焼きショコラ」は、焼きチョコタイプのチョコレート菓子。このタイプのお菓子と言えば、他社ブランドでは焼きチョコとして人気、知名度が高いものもありますね。

その魅力は、なんといってもチョコレートの弱点「熱で溶ける」点が改良されていること。チョコレートらしさのあるおいしさはそのままに、美味しさを損ねる原因が排除され、さらに食べやすく夏場にも安心して食べられます。特にその魅力から、夏場にも比較的強いチョコレート製品と言えますね。

 

一方フレーバーの「塩キャラメル」は、濃厚な甘みとコクが人気のキャラメルをチョコレートやクッキー、ケーキのフレーバーとして使用したものです。特にその味の特長である後引く甘みは独特で甘みが苦手な人には敬遠されることもありますが、塩を入れることで後味のキレを良くしてあります。

そのため夏場にも食べやすい味になっており、夏場に人気の「ソルト系」フレーバーのひとつとして、特に期間限定の菓子やデザートとして多くのブランドからが発売されています。

香りや味が比較的強く特徴的なので、開発側としても作りやすい方ですね。

 

〈別ジャンル菓子〉

塩キャラメル(森永製菓)

塩キャラメル

森永製菓のロングセラーキャラメル「ハイソフト」の配合をベースとした、期間限定フレーバー「塩キャラメル」。

こちらはまさに「塩キャラメル」そのもので、「ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル」同様、ロレーヌ岩塩を使用している。

 

(独断と偏見による)製品評価

パッケージ評価 ★★★★☆☆☆シンプルデザイン、商品イメージしやすい。
製品評価(味・香り・食感・見た目) ★★★★★★☆ほろほろ食感と嫌味のない塩気で、夏場にも食べやすい。
総合評価 ★★★★★★☆夏場にも手に取りやすい、食感・味ともに万人受けする商品。

ほろほろ食感と塩・甘みの加減が絶妙な一品です。

セブンプレミアムのPBとして発売中の「ひとくち焼きショコラ」の新フレーバー「ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル」

日本人が好むしっとりほろほろとしたソフト食感で、さらに焼きチョコ製法によりチョコレート系の商品でありながら夏場の暑さにも強いブランドです。ひとくちサイズで食べやすく、食べきりサイズで持ち歩きやすいのもポイントですね。

 

今回のフレーバーは夏に人気のソルト系のフレーバーである、「塩キャラメル」。元々人気の高いキャラメル風味ですが、夏場は喉が渇きやすいこともあり、こってり濃厚な味は敬遠されがち。特に後味が濃厚などなかなか量が食べられないので、夏場はこのようなフレーバーに塩や酸味を足して味のスッキリ感を出している期間限定商品が多いです。

この商品は期間限定ではないようですが、キャラメルフレーバーの中では甘さ控えめで後味のキレも良いので、甘みの強いお菓子が苦手な人でも食べやすいです。

 

ブランド塩の風味が良いアクセントになっていて、食感と共に夏場でも食べやすい味なので総合で★6つです。

コンビニで気軽に買えて、夏場の今時期でもチョコレート系の商品なのに溶ける心配をしなくて良いのはうれしいですね。また、チョコレート菓子ではありますが食感的にしっとりクッキーが好きな人にも好まれるでしょう。

 

まとめ

セブンプレミアムの新発売「ひとくち焼きショコラ 塩キャラメル」

甘みとコクが強く夏場にはしつこくなりがちなキャラメルを、控えめな甘みと塩気、ソフト食感で食べやすく仕上げた商品でしたね。

とても食べやすい味だったので、気になった方はぜひお試しを!セブンイレブン店頭になければ、公式通販でも購入できます。

Amazonアソシエイトーサーチウィジェット(トップ

Amazonサーチウィジェット-お菓子

楽天アフィリエイト

-チョコレート
-, , , , , , , , , ,