食べ研

元食品企画開発部員による、お菓子の情報・口コミサイト。定番&期間限定のスーパー、コンビニ菓子を深掘り!

チョコレート

【春夏限定】パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ(ロッテ)商品分析!

どーも!食べ研です。元企画開発部員のティーがお送りします。

本日のお菓子は、【春夏限定】パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ  です!!
パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

人気のチーズタルト専門店とコラボ!という超注目ポイントのあるこの新商品、ファンは絶対試したくなる一品ですね。

今日も好き勝手に市販商品を分析していきたいと思います。さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

基本データ

まずは基本データから。

商品名  パイの実  PABLO監修プレミアムチーズケーキ
製造者  株式会社ロッテ
名称  準チョコレート菓子
内容量  69g(数えたところ、17粒)
原材料  小麦粉、マーガリン、砂糖、植物油脂、乳糖、糖類加工品(麦芽糖、砂糖、でん粉)、ココアバター、ホエイパウダー、全粉乳、クリームパウダー、クリームチーズパウダー、食塩/乳化剤(大豆由来)、着色料(カラメル、クチナシ)、香料
原材料中に含まれるアレルギー物質(27品目中)  乳成分・小麦・大豆
賞味期限
発売日  2017/04/18
発売エリア 全国
価格  オープン価格(想定価格…税抜180円前後)
商品コンセプト・説明  1. 人気チーズタルト専門店「PABLO」の監修で、PABLOの「プレミアムチーズタルト」を、パイの実で表現しました。 2. パイの実は、64層にじっくり焼き上げたパイ生地にチョコを閉じ込めた、サクサクした食感が人気の商品です。
3. ブリュレ感をイメージして表面をカラメリゼしたパイ生地の中に、
コク深い味わいのチーズ風味のチョコを閉じ込めました。(ニュースリリースより)
備考  新発売、春夏限定

人気洋菓子店とコラボした注目度満点の限定パイの実の登場です。

商品キーワード

新商品、春夏限定、コラボ、パイの実、PABLO監修、プレミアムチーズケーキ、カラメリゼ

やはりここで注目すべきは、「PABLO監修」「プレミアムチーズケーキ」というポイントですね!

 

子どもを中心に人気のある、ロッテの「パイの実」。六角形の一口サイズパイにサンドされた甘いチョコレート生地の味は、今なお人気の高いロングセラー商品です。

さて、今回は「春夏限定」として「パイの実   PABLO監修プレミアムチーズケーキ」が投入されました。

 

焼きたてチーズタルト専門店として人気の高い「PABLO(パブロ)」。シズル感のあるチーズタルトのビジュアルとブランドイメージも高く、SNSでも人気ですね。この人気店が監修したというのが今回の「プレミアムチーズケーキ」味のパイの実です。

今回のコラボは第二弾で、第一弾での大きな反響を受けての登場となります。

PABLOのロゴなど売り場でも目立つ要素があり、華やかですね。コラボ系の商品は、他のブランドが持つ全く別のターゲット層へも切り込めるのが大きな魅力です。コラボと聞くとついた試したくなる新し物好きな方も、多いに楽しめる趣向です。一方で、「コラボなら相当おいしいに違いない!」とハードルが上がるのも事実!

普段はパイの実を食べない大人層も、このリッチなコラボ規格品はきっと手に取りたくなることでしょう。(この普段食べない大人層が今回のターゲットですね)
また、PABLOは大阪に本社がある会社で、関西・関東圏を中心に店舗展開していますが、まだまだ地方では店舗がないために「食べたことがない!という人も多く、PABLOを知るにもいい機会ですね。(私が住んでいる新潟にもようやく出店のようですが、まだ食べられていません…。本家との食べての比較ができないのが残念)

 

ちなみに、「どのあたりがプレミアム?」と思ったら、PABLOの人気メニュー「プレミアムチーズタルト」を再現したものなのだとか。※ロッテ側では「チーズケーキ」となっているが、パッケージに載っている写真を含めPABLOの「プレミアムチーズタルト」が元の商品(公式SNS等で確認済み)。

パイの実ファンもPABLOファンも要チェックな一品ですね。

 

スポンサーリンク

製品購入データ

こんな場所で実際に購入しましたよー。

購入店舗  コンビニ
購入日  2017/04/19
購入価格
備考

コンビニ購入…しかし、価格は??です。想定売価から言って190円前後かと。

確認すればよかった…。

 

製品チェック

パッケージ

それでは、パッケージから見ていきましょう!

パッケージ(表)

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

プレミアム感を演出する、ところどころにゴールドを使った表パッケージ。「LOTTE」のメーカーロゴよりも大きく主張した「PABLO監修」の文字とロゴが印象的。PABLOを知る人はもちろん、知らない人にも目につきます。「監修」というキーワードがあるだけで、より本格的な開発が行われたのだろう、と想像できますよね。

リスのイラストもPABLOのイメージに合わせベレー帽と服を着ているかわいらしいものに。背景のブラックの上に重ねられたゴールドの模様もいつもとはだいぶ印象が違います。明るい普段のパイの実とは違い落ち着いたゴールドの効いたカラーリングで大人向け、プレミアム感がしっかりと感じられます。

コラボとこのパッケージデザインで、つい買いたくなってしまいますね。

 

パッケージ(裏)

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

今回のコラボパイの実について、パッケージ裏上面で解説。「PABLOでも人気が高いプレミアムチーズケーキをPABLO監修のもと、パイの実で表現!」というなんとも購買意欲をそそるフレーズが。

「カラメリゼしたパイ生地」に「コク深いチーズ風味チョコ」と商品断面図とともに説明が。特にカラメリゼは普段のパイの実にはないものなので、期待値が上がりますね。
パッケージ(上下)

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキパイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

ブラックとイエローの印象的なカラーリングと、チーズタルト&商品イメージのイラストが購買意欲をそそります。カラメリゼのイメージも良いですね。

 

パッケージ(側面)

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキパイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

英語でメーカー名&商品名。片側に賞味期限。上のパッケージの方の写真では、よく見るとアルファベットやパブロのロゴが入っています。かわいらしいでデザインですね。

 

栄養成分表示拡大

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

 

気になるカロリーは379kcal。カップ麺1個に匹敵するなかなかの数値です。
原材料表示部分拡大

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

ここで注目すべきは原材料に「マーガリン」「クリームチーズパウダー」とある部分ですね!

もっとも多く含まれる原材料は「小麦粉」。パイの実の特長でもある64層にもなるパイ生地は、やはり小麦粉をもっとも含みます。

次いで、「マーガリン」…これはバターの代替原料で日本の大手菓子メーカーでは定番で登場しますね。バターよりもコクや風味は劣りますが、何と言っても価格が安いのでよく使われます。しかしコラボだし、プレミアムなパイの実にはぜひバターをメインに使って欲しかった…。(原価的にもやっぱり厳しいかな…)こちらはパイ生地に使われているものでしょう。

あとは糖類や乳成分なんかが続きますが、この商品の要であるチーズ系原料…「クリームチーズパウダー」、含有量が低そうです。これより含量が少ない食品は「食塩」のみ。(食塩はたいていの菓子ではごく少量しか使いません。しかもこれは甘いお菓子だしね)

パイ部分にチーズは含まずチョコレート練り込みにのみチーズ系原料が使われているようですが、チーズケーキらしい風味はこの含量でしっかりと再現するのだろうか…と疑問に思います…。

ちなみに、PABLO版の「プレミアムチーズタルト」の原材料のトップ3つは「ナチュラルチーズ、調整バター、プロセスチーズ、…」と続き、チーズが原料の多くを占めます(公式通販データより)。洋生菓子と準チョコレート菓子との違いがあるとはいえ、この原材料の差(チーズの配合量の差)はかなり大きいですね。

原材料構成だけ見ると、「パイの実 プレミアムチーズケーキ」はチーズ要素はかなり少なくほんのりとチーズの風味があるだろう、というくらいの予想ですね。

添加物は、乳化剤・着色料・香料で、チョコレート製品には定番のもの。

 

包装

個包装もチェック。

外箱を開けたところ

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

フタを開けると、茶色いアルミの内袋が。フタの裏にもモノクロで印刷。


↓外箱に書いてある内容
パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ
内容は、PABLOとパイの実に関する説明と、このコラボについて。内容のテーマは、パイの実とPABLOに共通する「驚きと感動」。

フタの裏部分もしっかりと活用されています。

 

商品実物

実際のお菓子がこちら。

包装を開けたところ

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

カラメリゼされたパイの実のビジュアルに、期待感アップ。

 

商品アップ(表裏)

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキパイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ

天面生地にはカラメリゼ、底面は通常のパイの実と同様。

 

商品断面(包丁でカット)


クリーム色のチョコレートがイン。

 

 

並べてみたところ

パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ
17個入り、ただし待ちきれずに2個食べられたので写真では15個です。笑

一部にキャラメリゼ・パイの剥がれが。 完璧な状態なのは意外と少ない…。

 

〈外観(見た目・サイズ)〉

〈見た目〉

いつものかわいらしい六角形のパイ生地に、カラメリゼのツヤがなんとも食欲をそそります。通常パイの実はキャラメリゼなしなので、特別感がありますね。

一部でカラメリゼに剥がれが見られ、またパイの剥がれた部分がカラメリゼ部分にくっついてしまっているものもあります。

パイ生地やカラメリゼは非常にデリケートとはいえ、見た目を損なってしまっていて少々残念です。

これを防ぐには、個包装かトレイで1つひとつ区切って入れるかしかないでしょうね(包装原価アップ…)。通常パイの実と違って キャラメリゼ部分の色が茶色で目立つので、どうしても気になります。

 

〈サイズ〉

商品実測値(※繰り返し計測なし)

長さ(cm) 長辺 3.2 短辺 3.2 高さ2.2

六角形の特徴的なパイ生地で、一口サイズ。

通常パイ生地は崩れやすいので服やテーブルが汚れがちですが、一口サイズになっていることで食べる際に散らかりません。他のお菓子以上に一口サイズであることがありがたいお菓子ですね。

 

〈香り・食感・味〉

〈香り〉

封を開けた瞬間、キャラメリゼした砂糖のような香りが強く香ります。チーズ感はほとんどありませんが、ほんのりと香ります。

パイ生地の香ばしい香りも少しありますね。パイの香りは、嗅ぎ慣れた「パイの実」の生地の香りそのものです。

最初の「開けた瞬間ブワッとくる香り」のインパクトがあるので、香料感がけっこう強い印象です。

 

〈食感〉

最初にパリッとしたカラメリゼ部分、そのあとサクッとしたパイ生地とやわらかいチョコレート生地の食感が楽しめます。それぞれ食感が違うのがいいですね。

層の厚みがある分、パイ生地のインパクトが最も大きいです。カラメリゼは薄い層、チョコレート生地もそこまで厚くはないので、パイ生地の主張が強いように感じます。

 

〈味〉

今回のフレーバーの要である「チーズ感」の弱さが気になります。

カラメリゼされた砂糖のほろ苦さと甘みは出ていますが、チーズ味の方がかなり弱いですね。チーズの風味よりもカラメリゼの香りとパイ生地の風味の方が強く、チーズは完全に隠れています。チーズよりも油脂感強めかな。全体にマーガリンや植物油脂がふんだんに使われ、肝心のチーズが少量の「クリームチーズパウダー」ですからね…原料的には、ある意味納得のお味です。

PABLOの「プレミアムチーズタルト」は主原料がチーズでしたが、こちらのチョコレートは上記の通りチーズの含量が少なめ。それに比例してチーズ風味が弱まってしまっているのでしょう。

まして今回は「PABLO監修 プレミアムチーズタルトをパイの実で表現!」となれば、否が応でも期待値が上がっていますからね。PABLOのチーズタルトを食べたことがある人はもちろん、ない人も「濃厚なチーズの風味」を期待したことでしょう。この想像と実際のギャップが大きいように思います。買う側がこのコラボで求めるのは「ほんのりチーズ風味」でなく「まるでチーズケーキそのもののような」味わいでしょうからね。あまりにほんのり過ぎます。

多少原価が上がってもチーズの配合量をもう少し多めにした方が、消費者の満足度が上がったのでは?と感じました。

 

これでもしコラボがなければ「いつものパイの実と比べて、特別感あるな」と思ったかもしれませんが、「チーズタルト専門店監修」で薄味のチーズ風味なのが残念でなりません。(もっとしっかりダメ出しを…)

辛口の感想になりますが、やはりそれだけ「人気店とコラボ」は、ハードルが上がるということかと思います。

 

スポンサーリンク

関連商品

チョコパイ PABLO監修プレミアムチーズケーキ(ロッテ)

チョコパイ PABLO監修プレミアムチーズケーキ

「パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ」と同時発売の、こちらもロッテの人気シリーズからのコラボ限定商品。個売りと箱入がある。

 

他社、他ブランドの競合商品

チーズケーキ味は、チョコレートやクッキー、ビスケット、アイスの分野で特に人気のフレーバーです。チーズケーキ自体が人気で濃厚な味と香りから消費者からも人気があります。

また、コラボ商品や人気○○監修、と大々的に宣伝している商品も多くなっていますね。コラボすることで売り場展開のしやすさ、メディアで取り上げられやすい、コラボ先でも宣伝してくれるなど、コラボは広報面でもプラス要素がたくさんです。

 

〈同ジャンル菓子〉チョコレート

チロルチョコ プレミアムチーズケーキ(チロル)

一粒チョコの代表格・チロルチョコのセブンイレブン限定品。近年ではこうした安価なお菓子にも高級志向のものが増え、好評を博している。

 

〈別ジャンル菓子〉

チーズスティック(森永製菓)

チーズスティック

森永製菓のアイス部門からの新商品。女性が食べやすいサイズ設計にし、おどろくほどのチーズ感を表現した。2017年3月発売。

 

(独断と偏見による)製品評価

パッケージ評価 ★★★★☆カラー設定とイメージイラスト、ブランドロゴでコラボとリッチ感を演出。
製品評価(味・香り・食感・見た目) ★★☆☆☆見た目若干難あり、チーズ感弱い。
総合評価 ★★★☆☆コラボやパッケージの期待感に対して商品自体の完成度やや低め。

コラボによる期待感は高いが、実際の商品の品質がやや低い一品です。

今回のコラボ品では小麦粉、油脂類、砂糖を中心にした原材料になっており、チーズの配合量は少なめ。そのせいでチーズの風味が弱い仕上がりになっていました。

これが(抹茶や香辛料などのように)少量で風味が出るフレーバーなら良いのですが、量が少ないと特徴の出にくいクリームチーズ系は、どれだけ配合できるかで品質もかなり変わってきます。香料などで増強しても、原料からくる味の強さはそうそう変えられません!(手作りでチーズケーキなど作ったことのある方はチーズの量の影響がよくわかるはず)

カラメリゼの風味は良かったので、剥がれやくっつきがあったのが少し残念かな。見た目も重要な要素ですからね。

 

チョコレートのチーズ練り込み量が少なめで十分に風味が出ていないので、総合で★3つです。

コラボという点とパッケージは良かったのですが…やはり「専門店監修でその味を表現!」というからには、少しでもそれに近いだろうお味になっていてほしいものですね。(全く異なる原料・原価でそれに近づけるのは相当困難とはもちろん承知していますが…消費者としてそうなっててほしい!)

もし第三弾コラボの計画がある際には、ぜひともチーズ含量あげてください!(願)(チーズ味好きなんです…!)

 

まとめ

焼きたてチーズタルト専門店とコラボした、春夏限定「パイの実 PABLO監修プレミアムチーズケーキ」

パイの実ファンはもちろん、チーズケーキ好きやPABLOファンは要チェックの一品でしたね。私は辛口評価にしてしまいましたが、ネット上では賛否両論のようです。「チーズの風味があっていつものよりもおいしい!」という人もいれば、「チーズの味弱い…」という人も。

気になる方は、ぜひ自分で食べてみてご確認を!

Amazonアソシエイトーサーチウィジェット(トップ

楽天アフィリエイト

-チョコレート
-, , , , , , , , , , ,