食べ研

元食品企画開発部員による、お菓子の情報・口コミサイト。定番&期間限定のスーパー、コンビニ菓子を深掘り!

クッキー・ビスケット

【期間限定】エリーゼ ココナッツミルク(ブルボン)商品分析!

どーも!食べ研です。元企画開発部員のティーがお送りします。

本日のお菓子は、【期間限定】エリーゼ ココナッツミルク です!!

エリーゼ ココナッツミルク
今日も好き勝手に市販商品を分析していきたいと思います。さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

基本データ

まずは基本データから。

商品名  42本 エリーゼ ココナッツミルク
製造者  株式会社 ブルボン
名称  クリームウエハース
内容量  42本(2本×21袋)
原材料  小麦粉、植物油脂、ぶどう糖、デキストリン、砂糖、ココナッツオイル、全粉乳、ココナッツミルク粉末、大豆粉、乳糖、液卵白(卵を含む)、コーンフラワー、食用加工油脂、ホエイパウダー(乳成分を含む)、モルトエキス(小麦を含む)、ココアバター、食塩/乳化剤(大豆由来)、香料、ソルビトール、着色料(カラメル、カロテノイド、ウコン)、カゼインナトリウム(乳由来)
賞味期限  12ヶ月
発売日 2017年5月16日(火)
発売エリア  全国(販売チャネル…量販店、ドラッグストア、小売店、売店など)
価格  参考価格 350円(税別)
商品コンセプト・説明  サクッと軽い歯ざわりのウエハースで甘い香りのココナッツミルククリームを包み込みました。(公式サイトより)
備考  新発売、期間限定

ブルボンのロングセラー人気シリーズ「エリーゼ」より、春夏の期間限定商品「エリーゼ ココナッツミルク」が新登場です。

 

商品キーワード

新発売、期間限定、エリーゼ、ココナッツミルク、ココナッツミルククリーム、ウエハース、まろやか

やはりここで注目すべきは、「ココナッツミルク」というポイントですね!

 

ブルボンの袋ビスケットにはロングセラーシリーズが多数あり、この「エリーゼ」もそのひとつとなっています。

ミルククリームが入ったスティックタイプのウエハース菓子で、お茶うけとしても人気の高い商品。軽い食感とまろやかな味わいが万人受けします。

今回の期間限定商品は「ココナッツミルク」フレーバー。ココナッツミルクは東南アジア圏などでは料理やスイーツによく使われ、近年では日本でもブームになり、ココナッツミルク系のドリンク類やお菓子も増えてきましたね。

ヘルシーなイメージがあるので、特に健康や美容に関心の高い女性に人気のあるフレーバーといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

製品購入データ

こんな場所で実際に購入しましたよー。

購入店舗  郊外型スーパー
購入日  2017/05/22
購入価格 ¥258(税込)
備考

スーパーのエンドにある新商品コーナーに、他の初夏発売期間限定商品と一緒に置いてありました。

他のブルボンブランドの新商品と一緒に並んでいましたよ。

 

製品チェック

パッケージ

それでは、パッケージから見ていきましょう!

パッケージ(表裏)

エリーゼ ココナッツミルク

白地に鮮やかな水色、金色(箔押しでなく、印刷)の爽やかで上品なパッケージ。水色は商品名やパッケージのふち部分に使われていて、色のメリハリがありますね。リボンで包装してあるようなデザインが、商品全体をギフトとして例えているようでユニークです。

季節に合わせた青系のイメージカラーで涼し気な印象がありますね。

エリーゼの期間限定商品はこちらのデザインにも使われている基本パターンがあり、商品のイメージ画像やリボンのカラー、フレーバーイメージイラストなど細部を変えて期間限定商品のデザインとして仕上げているようですね。2015年以降、現在の基本デザインで統一されて発売されているようです。

ココナッツのイメージイラスト、シズル感がありますが少し背景の白に埋もれてるかな? いや、この商品の場合は「エリーゼ」であることと、下に書いてある「ココナッツミルク」がくっきりと主張してるのでそこまでイラストは主張していなくてもいいのかもしれませんね。恋愛と一緒で、デザインもあえて引くところも必要ですよね!←

 

栄養成分表示拡大

エリーゼ ココナッツミルク

豪快に画像が曲がってますね…何度やり直しても曲がりたいらしく直らなかったです。笑

個包装1個で2本入っているので、それだとカロリーは39kcal。

私はこちら食べるときは1つでは足りないので、2袋は食べてしまいますね…100kcal前後が一度に食べるときに摂取してることになるかな。

 

 

原材料表示部分拡大

エリーゼ ココナッツミルク

 

ここで注目すべきは原材料に「ココナッツオイル」「全粉乳」「ココナッツミルク」とある部分ですね!

最も含まれる原材料は、ウエハースの原料である「小麦粉」。さらに、植物油脂、ぶどう糖、デキストリン(でん粉)…と続きます。でん粉の含量、結構多めですね。

フレーバーの要である「ココナッツ」系の原料は、「ココナッツオイル」「ココナッツミルク粉末」が使われ、香料が入っているので、香りの増強もされていますね。

ココナッツミルクだけでなくココナッツオイルが使われ、オイルの方が含量が多いですね。そして、「ココナッツミルク味のお菓子」としての発売ではありますが、ココナッツミルク粉末よりも乳由来の原料である「全粉乳」の方が多いので、ほんのりココナッツミルク風味となっているかと思います。

そして、「全粉乳」が「ココナッツミルク粉末」よりも上位に表示されています。このことから、クリームだけでない可能性もありますが、ココナッツミルクフレーバーのお菓子となっていますが、ミルク系の原料も多く含まれていることがわかりますね。(この乳をすべてココナッツ系原料にしたら、かなり濃厚なココナッツ系のお菓子になりそうですが…ココナッツミルクは扱いと価格の問題もありそうですね。)

添加物は、乳化剤以下の5種。着色や香りづけがされています。

 

包装

個包装もチェック。

外装を開けたところ

エリーゼ ココナッツミルク

水色と白の個包装に入ったエリーゼが見えます。

 

↓個包装(表裏)

エリーゼ ココナッツミルクエリーゼ ココナッツミルク

水色のメタリックな色合いが涼し気なデザイン。エリーゼは落ち着いたシックなデザインのものが多いので、これだけ鮮やかな色合いのデザインはなんだか新鮮ですね。

 

 

商品実物

実際のお菓子がこちら。

包装を開けたところ

エリーゼ ココナッツミルク

個包装には、スティック状になったウエハース2本入り。

 

商品アップ(表裏)

エリーゼ ココナッツミルク

表面に波模様の入ったウエハース。

 

 

断面(割ってみたところ)

エリーゼ ココナッツミルク

少し空洞はあるが、たっぷり入ったクリーム。

 

〈外観(見た目・サイズ)〉

〈見た目〉

ホワイトクリーム入りのベーシックなエリーゼとほとんど同様の見た目です。スティック上になった丸みのあるウエハースは、波上の模様が入っていて上品。おなじみのビジュアルですね。明るめの濃いベージュ色をしたウエハース生地は食欲をそそります。

半分に割ると、薄いウエハース生地の中にはたっぷりのクリームが。クリームの色は白い近い淡い黄色…というところでしょうか。

 

〈サイズ〉

商品実測値(※繰り返し計測なし)

長さ(cm) 長辺 9.0 短辺 1.3 高さ 0.9

縦に長い、やや厚みのあるスティック状。ひとくちサイズではないので食べこぼしをしやすい点はありますが、人気のお菓子だけあって手にしっかりと持って食べやすいですね。

 

〈香り・食感・味〉

〈香り〉

ココナッツの香ばしい香りが、ほんのりとあります。ココナツは独特の爽やかさのある香りで、この香りがウエハースの香ばしさとしっかりと合っていますね。

 

〈食感〉

サクサクっと軽いウエハースの食感と、ココナッツミルククリームのやわからな食感があります。

ウエハース部分の食感の軽さは、さすがロングセラーの人気シリーズだけあって他にはないさっくり感ですね。この軽さで、つい食べ過ぎてしまいそうです。

クリーム部分は少し油感のある舌触りですが、全体的にソフトな食感ですね。

 

〈味〉

ウエハースの軽い食感と香ばしさ、ミルククリームよりもライトで爽やかなココナッツ風味がが食べやすいです。風味はそこまで強くはありません。

通常のエリーゼに使われているミルククリームは濃厚感がありつつも夏場にはもったりとして食べにくい感じがありますが、ココナッツミルクフレーバーの今回のクリームは、ミルク系よりもライトな食べごたえ。人によって好き嫌いはあるでしょうが、ココナッツの風味はそれほど強くないので苦手な人でも抵抗なく食べられるでしょう。

ココナッツミルク味とはなっていますが、ココナッツオイルが併用(原料上はミルクよりオイルが多い)されているので、ココナッツらしさはそちらでも表現されていますね。後味がミルク系よりもさっぱりとして伸びがあるのも特長です。酸味や辛味などとは違った独特のココナッツの後味は嫌味がなく、次々食べたくなってしまいますね。連食性が高いです。

ウエハースのサクッとした軽い食感とよく合っていますね。

 

スポンサーリンク

関連商品

エリーゼ(ブルボン)

エリーゼ

ブルボンの代表的なロングセラー商品「エリーゼ」の最もベーシックな商品。ホワイトクリームをウエハースで包んだ商品で、多くの期間限定商品など派生商品がある。

 

他社、他ブランドの競合商品

エリーゼのようなウエハースとクリームやチョコレートとの組み合わせの商品は多く存在しますが、根強いロングセラー商品が多いのも特徴です。子供向けの商品から駄菓子のようなものまで、同じウエハース商品でもロングセラー商品はしっかりすみ分けがされていますね。

一方、フレーバーのココナッツミルクはというと、近年のココナッツオイルブームも相まって、ヘルシーなイメージもあり特に女性に高い人気があります。

 

〈同ジャンル菓子〉ビスケット

麦ふぁ~バニラ(竹田製菓)

麦ふぁ~バニラ

ホワイトクリームをサンドした、ウエハース菓子。同メーカーの看板商品にしてロングセラー、食べたことがある人も多いはず。レトロな商品設計とデザインも特長。

 

〈別ジャンル菓子〉アイス

ハーゲンダッツ クリスピーサンド キャラメルクラシック(ハーゲンダッツジャパン)ハーゲンダッツ クリスピーサンド キャラメルクラシック

ワンランク上のアイスクリームシリーズとして人気の「ハーゲンダッツアイス」の派生シリーズ、「クリスピーサンド」より、定番人気のキャラメルクラシック。キャラメル風味と、アイスとウエハースの異なる食感が魅力。

 

(独断と偏見による)製品評価

パッケージ評価 ★★★★☆☆☆統一パッケージわかりやすく、かつ季節感あり爽やか。
製品評価(味・香り・食感・見た目) ★★★★☆☆☆ココナツ風味ほんのり、軽い食感○。
総合評価 ★★★★☆☆☆ミルククリームよりさっぱりしていて夏らしい。

通常エリーゼよりもライトな食べ応え、しつこさのない味わいの一品です。

通常のホワイト系ミルククリーム入りエリーゼは、軽い食感とミルククリームのややこってりとした食べ応え。対してこちらは夏向け製品なので、軽いウエハースの食感はそのままにココナッツミルククリームが香ばしさのある香りと風味です。

「ココナッツミルクそのもの」というよりは香りとココナッツオイルの油感も出ているのでココナッツミルクだけの風味ではありませんが、ホワイトクリームがこってりして少し苦手…という人でも食べやすくなっています。ココナッツらしい後味も良いですね、夏向きで比較的さっぱりしています。

 

ベーシックなエリーゼに比べ、夏らしい軽い食感と口当たりで食べやすいので、総合で★4つです。※今回から★の総数が5→7に変えたので若干★の数の印象も変わってます

クリームインウエハースは口の中の水分が奪われやすいので、この期間限定品のように夏場はより軽い口当たりのクリームが合いますね!

 

まとめ

クリームインウエハースのロングセラー「エリーゼ」シリーズより、初夏からの新商品「エリーゼ ココナッツミルク」

近年のココナッツミルク人気も手伝って、特に女性には気になるフレーバーでしたね。食感や口あたりがミルク系のクリームよりライトなので、食べやすいです。

ぜひロングセラーシリーズの期間限定商品、お試しを。ネット上でも評判のようですよ。

Amazonアソシエイトーサーチウィジェット(トップ

楽天アフィリエイト

-クッキー・ビスケット
-, , , , , , , , ,