食べ研

元食品企画開発部員による、お菓子の情報・口コミサイト。定番&期間限定のスーパー、コンビニ菓子を深掘り!

クッキー・ビスケット

【期間限定】カントリーマアムVeg(ベジ)国産ごぼう(不二家)商品分析!

2017/11/01

どーも!食べ研です。元企画開発部員のティーがお送りします。

本日のお菓子は、【期間限定】カントリーマアムVeg(ベジ)国産ごぼう  です!!

実はカントリーマアムシリーズは私的に信頼を置いているシリーズでして。

ごぼうカントリーマアム、とCMで見た時には「不二家どうした?!」と衝撃が走りましたが、でもカントリーマアムですからね。きっとびっくりフレーバーでも満を持しての登場でしょう、と期待して購入した次第です。

さて、今日も好き勝手に市販商品を分析していきたいと思います。さっそく見ていきましょう。

 

※関連記事

【冬期限定】カントリーマアムプレミアム 大人のケーキチョコ(不二家)商品分析!

【期間限定】カントリーマアム 焼き栗(不二家)商品分析

スポンサーリンク

基本データ

まずは基本データから。

商品名  カントリーマアムVeg(国産ごぼう)
製造者  株式会社不二家
名称  クッキー
内容量  4枚
原材料  小麦粉、植物油脂、チョコレートチップ(乳を含む)、砂糖、還元水あめ、水溶性食物繊維、卵、白ねりあん(乳を含む)、全脂大豆粉、ごぼう粉末、全粉乳、水あめ、食塩、卵黄(卵を含む)、脱脂粉乳、デキストリン、加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、カラメル色素、安定剤(加工デンプン)、香料(乳・大豆由来)、膨脹剤
賞味期限
発売日  2016年9月27日
発売エリア  全国
価格  125円(本体価格)、135円(税込)
商品コンセプト・説明  国産のごぼうを乾燥させてパウダー状にしたものを生地に練りこみました。チョコチップの甘さと、ごぼうの香ばしさが、やさしい味わいを生み出します。チョコチップとごぼうの意外なおいしさをお楽しみください。(公式サイトより)
備考  シリーズ第2弾、新発売

人気のカントリーマアムブランドより、健康志向向けシリーズ「カントリーVeg」の第2弾商品。

 

商品キーワード

カントリーマアムveg、期間限定、ごぼう、食物繊維

やはりここで注目すべきは、「カントリーマアムVeg」「ごぼう」というポイントですね!

これはカントリーマアムVeg第二弾のうちの1つです。もう一つは、「カントリーマアムVeg 五郎島金時芋」…つまり、国産さつまいもですね。

ちなみに、第1弾で発売されたのは「トマト」と「かぼちゃ」でした。

「カントリーマアムVeg(ベジ)」新登場

第一弾と今回の商品との違いは、パッケージデザインの雰囲気(色味や書体)と食物繊維を新たに大きくアピールしている点ですね。

最近では、こうした一般菓子も健康志向に訴求した商品が増えていますね。糖質・塩分オフ、カロリーカットなど…お菓子は食べたいけど少しでも健康に配慮したい、という人が増しています。

その影響で、お菓子の果たす役割も時代と共にただ「美味しい」だけではなくなり、「おいしくて身体にやさしい・健康に配慮している」という、高機能菓子の需要が増えています。

いや、そんなん言うなら究極食べないのが一番カットできるんだけどね。

健康でいたいけどお菓子食べたい…ダイエットしてるけどお菓子食べたい…。そんな人が多くいる、と言うことですね。改めて思うのは、お菓子の誘惑は大の大人でも我慢できないほど相当すごいってこと。

 

スポンサーリンク

製品購入データ

こんな場所で実際に購入しましたよー。

購入店舗  コンビニ
購入日  2016/10/03
購入価格 ¥135
備考

販売価格は、コンビニなのもあって上記価格そのまま。

 

製品チェック

パッケージ

それでは、パッケージから見ていきましょう!

 

パッケージ(表裏)

鮮やかなブルーとブラック系の重厚感のあるパッケージですね。これだけ見ると、ごぼうチョコチップクッキーというイロモノ感はまったく感じません。←イロモノは失礼すぎますが。笑

 

パッケージ(上下)

パッケージ上のみ商品名の記載あり、下は無地です。

 

栄養成分表示比較表※公式サイトより抜粋して作成

カントリーマアムVeg国産ごぼう(1枚10.5g) カントリーマアム バニラ(10g)
熱量kcal 50 48
タンパク質g 0.5 0.5
脂質g 2.6 2.3
糖質g 5.8 6.3
食物繊維g 0.6
ナトリウムmg 18 20

通常カントリーマアムと比べ、1枚当たりの重量に0.5gの差があるとは言えど、そこまで大きな差はないですね。

そして、ごぼうカントリーマアムのパッケージに大きく掲載されている「食物繊維」についてですが、1枚当たり0.6g配合に対して通常カントリーマアムは表示なしなので比較できず。

なので一般的なものとの比較で…

  • 18〜29歳の食物繊維必要量/日…20g(男性)、18g(女性)※日本人の食事摂取基準(2015年版)より
  • 実際に摂取できている食物繊維の量は、全世代でおおむね13〜14g程度。※国民健康栄養調査(平成24年版)より

この事から比較すると、女性でもカントリーマアムだけで1日に必要な食物繊維(18g)を全て摂ろうとすると30枚も必要になってしまいます。カロリーにしてなんと1500kcal!

1日に4個入りを7.5製品も食べねば…こんなんは現実的でないですね~食物繊維摂ってるのか、カロリー大量に撮ってるのか…。(ちなみに、栄養調整食品の代表格「クリーム玄米ブラン」は1日に必要な食物繊維の3分の1を配合)

実際にもっともらしい「女性の平均的不足分の4gを摂取」するならば、普段の食事&おやつにプラスして、ごぼうカントリーマアムの必要数は、約7枚(4÷0.6≒6.7)食べる事で摂取できます! 7枚であれば、50kcal×7枚=350kcal。というわけで、ガーナブラック等ビターチョコ1枚程度のカロリーと大体同じです。

すると、カントリーマアムVeg1袋で1日の不足分の約半分をまかなえます!となりますね。

……なんか中途半端ですね。笑 だから具体的な数値での表現は避けてあるのかもしれません。あくまで一般菓子を食べて、おまけで食物繊維が摂れてお手軽!という感じかな。

ただし、板チョコ1枚分くらいのcalにはなるので、ダイエットのお供に向いてるわけではありません

それにしても、パッケージには「うれしい食物繊維入り」とだけ書いてあって、よくある「レモン1個分のビタミンC!」とか「1日の食物繊維の〇分の1をこれだけで摂取」みたいなキャッチーな表示がないので、この食物繊維がどれだけの量であるのか消費者的には感覚的にわからないのが残念といえば残念。一般の人には栄養成分表示だけではまったくチンプンカンプンなので、1日分にするとどれくらい!みたいなのがあった方が親切ですよね。

 

原材料表示部分拡大


ここで注目すべきは原材料に「チョコレートチップ」「ごぼう粉末」とある部分ですね!

カントリーマアムはチョコチップクッキーなので、当然チョコチップが入っています。「チョコレートとごぼう…??」どんな味か想像しがたいですね。

ごぼうは粉末で入っています。なので、食感ではごぼうの感じはなく、あくまで味と香り、という事になりますね。

 

包装

個包装もチェック。

個包装4枚入りです。気軽な食べきり、数人でシェアしたりといった食べ方に向いていますね。

 

個包装(表裏)

鮮やかなオレンジのストライプが目をひきます。私はごぼうと言えば茶色&クリーム色のイメージでしたが、こちらの商品はオレンジなのですね。

 

商品実物

実際のお菓子がこちら。

包装を開けたところ

個包装の色が、商品実物とマッチしていますね。

 

商品アップ(表裏)

 

断面(割ってみたところ)

チョコレートチップと、中の生地が見えます。

 

〈外観(見た目・サイズ)〉

〈見た目〉完全な円形ではなく手作り感のあるようなランダムな円形ですね。バニラと比べると、若干生地の色が濃い目です。ごぼうの練り込みがされているためでしょうね。

 

〈サイズ〉

バニラカントリーマアムよりも0.5g軽いですが、見た目にはわかりません。一口サイズよりは少し大きめかな、という印象です。一口で食べるはもったいないから、私は2口で食べるよ!

 

〈香り・食感・味〉

〈香り〉これ…すごいリアルなごぼうの香りです! リアルさにびっくりしました。笑

料理している時の土ごぼうの香り、と言ったらピンとくるのでは。まるで「ごぼう料理してるキッチンでカントリーマアム開けました」みたいな雰囲気です。(逆に伝わりづらい?)

お菓子ではデフォルメした香りが使われることが多いですが(駄菓子のいちごやオレンジガムなど然り)、これはかなりリアル寄りの香りにしていますね。あ、もちろん香料は使われてますが。あえて(ごぼうチップスなどでなく)素材のままの状態のごぼうを表現したのでしょう。

 

〈食感〉通常カントリーマアムと変わらない、ソフト食感。ごぼうも、他の限定フレーバーなどと同じように粉末が使われているので、食感でごぼうを感じることはありません。

ソフトチョコチップクッキーなので、チョコレート以外の食感の変化はあまりクッキーに入れないようにしているのかもしれませんね。

 

〈味〉ごぼう×チョコチップクッキーのマリアージュ…、どんなものかと思いましたが、味は香りほど主張していません。ほんのりとごぼうの優しい味わいがしてきますが、鼻から抜ける香りがごぼう全開なので、感覚としてはかなりごぼう感があるように感じます。味自体の変化としては、クッキー&チョコ→ごぼう&チョコ→クッキー&チョコにごぼう少し後味、という感じ。香りの効果強く、舌で感じる以上にごぼう感強いです。

私はこのごぼうの香りは嫌いでないので良いのですが、土ごぼうの香りが苦手な人にはキツイかもしれませんね。(いや、チョコチップクッキーと合わせてあるので、土ごぼう自体のにおいは平気な人でも違和感でキツイかも。)

これが調理感のある(たとえばごぼうチップスのような)香りだったならもう少し抵抗感違ったかな。土ごぼうの香りだけどチョコチップクッキー…頭が勝手にしょっぱい系の味を想像してしまうのでしょうね。しかしチョコクッキーのあまーい味なので混乱する部分もどうしてもあると思います。

ですが、土ごぼうフレーバー&ごぼう粉末+チョコチップクッキー、思った以上にまとまっている!というのが私の感想です。

これが他のココアやバニラ、限定で出ているようなスイーツ系・フルーツ系のフレーバーと比較すればもちろんそれらの方がチョコチップクッキーとの相性が良いですから敵いませんが、これはこれでかなり調整された味なのでは、と思います。

何より、これだけ商品化しづらいような一般受けの低そうなフレーバーを、限定とはいえあえて商品化してくることに驚きますね。食物繊維を打ち出した「野菜フレーバーカントリーマアム」とはいえ、「え!チョコチップクッキーにごぼう!?」と驚いた人も多いはず。

元開発者の私としても、試作の一つとして作るのはよくあるかもしれませんが、これをあえて商品化会議にかけて、そして通って発売!というのがすごいです。大きな会社だし、期間限定とはいえ商品も全国展開ですからね。思い切ってるなぁ。

 

スポンサーリンク

関連商品

カントリーマアムVeg五郎島金時(不二家)

ブランドさつまいもを用いた、カントリーマアムVeg第二弾のもう一つのフレーバー。食物繊維を多めに含む、さつまいもクッキー。こちらは元々さつまいもが甘めの味なこともあってごぼうと比べると甘いお菓子にも合うフレーバーですよね。

 

他社、他ブランドの競合商品

ごぼうフレーバーのお菓子、種類は限られますがスナック系などフライ製品に多いですね。逆に、このカントリーマアムのようにチョコレートやクッキーとの組み合わせは相当珍しいです。手作りにならごぼうクッキーはあったりするのですが、市販のものとなると全国展開しているものはあまりないようですね。

ごぼうチョコチップクッキーはかなりインパクトありますが、とてもニッチな製品です。

 

〈同ジャンル菓子〉クッキー

野菜のマクロビオティッククッキー ごぼう(ビオクラ)

イメージ1

みじん切りごぼうを油でいため、生地に練りこんだクッキー。(チョコチップクッキーではないです)

スーパーやコンビニで全国で発売されるような商品ではないのですが、インターネット購入可能。マクロビ商品であり、国産小麦粉などこだわりの素材を使ったクッキー。これはスーパーやコンビニで買うようなお菓子より素材が良いです。(本来ならカントリーマアムと比較してはいけないですね)

 

〈別ジャンル菓子〉スナック

ごぼうスナック(無印良品)

品質に定評のある無印良品より、軽い食感のごぼうスナック。えびせんなどによくあるようなさっくりとした素材の風味のあるシンプルなお菓子ですね。

 

(独断と偏見による)製品評価

パッケージ評価 ★★★★☆高級感とカントリーマアム×ごぼうのインパクトある
製品評価(味・香り・食感・見た目) ★★★★☆ごぼうの違和感少なく◎
総合評価 ★★★☆☆独自性、味のまとまりあるが人を選ぶ

土臭いリアル感のあるごぼうの香りがインパクト大な、企画開発者のチャレンジ精神感じる一品です。

この土臭さがチョコチップクッキーに完全に合うかというと正直「??」ですが、チョコチップクッキーの可能性に挑戦して商品化した点は本当にすごいと思います。(すごいとか、表現がチープすぎますね。笑)

この商品の特徴的な部分は、ごぼうチップス等でなく土ごぼうらしいリアルな香りな点。そして、チョコチップと合わせた点です。

ごぼうにチョコの風味は相性がどうなのか…そして個人の評価は賛否両論必至。なぜなら…。

  • ①「ごぼう」自体が大好きか?(ただ好きではだめです。大好きでないと、このリアルなごぼう臭に抵抗あると思います。笑)
  • ②普通のカントリーマアムではなく「ごぼう」というフレーバーをハンデと見るか?(つまり、ごぼうを使ってるのにこんなにカントリーマアムとしての体裁を保ってる!と見るか、他のココアやバニラと同列で物を評価するか)
  • ③ごぼうの香り&味とチョコチップクッキーの甘さのギャップを許容できるか?

この3点を食べた人がどう捉えるかですが、私はごぼう自体好きでごほうフレーバーはチョコチップクッキーにとってハンデだと考えているので、味自体の評価は高め。しかし実際食べるとなると上記の通りかなり人を選ぶ味なので、総合で★3つです。

特に食べた人がノーマルなカントリーマアムと比較してしまうと、低評価になるでしょうね。

 

まとめ

「ごぼう×チョコチップクッキー」、かなりセンセーショナルな商品で衝撃が走りましたが、思った以上にまとまっている!というのが私の感想です。人によって好き嫌いが真っ二つに別れると思いますが、これはかなり個人の感じ方で差が出る商品です。

一般受けの良いバニラやココアはもちろん元々のフレーバーがチョコチップクッキーに合っていますから、消費者の評価も高い場合が多いでしょう。それに対して、今回の商品ではあえてあまり一般受けのしないような、人を選ぶ味がチョイスされていますね。

このカントリーマアムを食べてみてどう感じるか、実際にぜひ食べて確認してみてください!

 

Amazonアソシエイトーサーチウィジェット(トップ

楽天アフィリエイト

-クッキー・ビスケット
-, , , , , , , , , ,