食べ研

元食品企画開発部員による、お菓子の情報・口コミサイト。定番&期間限定のスーパー、コンビニ菓子を深掘り!

まとめ・考察

元企画開発部員が選ぶ!バレンタインチョコレート【お手軽購入編】

2018/02/11

どーも!食べ研です。元企画開発部員のティーがお送りします。

本日は、【まとめ】元企画開発部員が選ぶ!バレンタインチョコレート(お手軽購入編)  です!!

チョコレートまとめ

今回はイベント向けまとめと言うわけで商品の掘り下げ記事ではありませんが、読んで時間の無駄にならないようしっかり解説していきたいと思います。(ちなみに、前置きから既に長いです)

ササッと読み終わりたい方は、目次からジャンプすると良いでしょう。

では、さっそく見ていきましょう!

!NEW! 適宜レビュー記事へのリンクを追加!

 

スポンサーリンク

基本データ

まずはバレンタインの基本データと、メーカーとの関わりから。

イベント名 バレンタイン
消費者目的  チョコレートを介して感謝や愛情を表現する。特に女性から意中の男性に贈るものだが、近年は贈る目的も多様化している。
生産者目的  イベントに合わせチョコレートを購入・贈答してもらうことで売上増、市場を活性化。業界における一大イベント。
日本での成り立ち  元々イベントの少ない2月に向けてチョコレートメーカーがチョコを使ったイベントとして仕掛けたのが、日本のチョコレートバレンタインの始まり。
他国に比べてビジネス色が非常に強く贈るものも基本「チョコレート」との縛りがあるのが特徴で、飴業界が仕掛けた返礼の「ホワイトデー」も同様、企業が仕掛けたビジネス色の強いイベントとなっている。どちらのイベントも人気が高く、規模の大きなイベントである。
目的別種類 本命チョコ…女性が意中の相手たち贈る特別な(高価格・有名ブランド・手作りなど)チョコレート。
義理チョコ…意中以外のその他大勢の男性に配るチョコレート。学校や会社関係、家族が多い。本命とは価格などの面で区別される。
友チョコ…近年女子同士でも送り合う事が増えた、仲の良い友達などに贈るチョコ。手作り・市販にしろ本人のチョイスに女子力が試される。
ご褒美チョコ…1年頑張った自分へ、などの名目で自分自身に贈るチョコ。ご褒美だけあって、数千円など本命レベル(もしくはそれ以上)のチョコレートが選ばれる事も少なくない。基本は有名ブランド品など購入品。

…というわけで、これは有名な話でもありますが、日本におけるバレンタインはメーカーによる商業目的が始まりなわけですね。

 

バレンタイン 購入編 キーワード

バレンタイン、お手軽、市販、チョコレート、メーカー、おいしい、かわいい、インスタ映え、高級感、プレミアム感、新商品、期間限定、価格

やはりここで注目すべきは、「お手軽」「おいしい」「プレミアム感」というポイントですね!

バレンタインは上記の基本データの通り、チョコレートを贈ることで気持ちを表現する、日本でも大きなイベント。お菓子が主役のイベントとしては最大級です。市販でもバレンタイン前に伴って売り場に特設スペースを作ったりチョコレートのイベントを開くなど、販促が大々的に行われるので購入する機会が自然と増えますね。

さらにチョコレートの製造や輸送、保管の面から見ても、冬は最も品質的に優れ、口どけの良いチョコレートを中心にバラエティ豊かな商品を楽しめる時期です。

 

バレンタインは1年に1回のイベントなので、見た目のかわいさやおしゃれ感、高級感など「美味しい」にプラスαの価値があることも大事なポイント。プレミアム感のあるものも人気なので、多少価格が高くともそういったものも人気になっています。また、この時期だけのバレンタイン向け期間限定商品も多いです。

特に新語・流行語大賞となった「インスタ映え」も外せない点になってきますね。お菓子の分野でも写真映えするおしゃれなパッケージのものが増えましたが、特にバレンタインとなるとより一層華やかな商品が増えています。

 

 

スポンサーリンク

市販vs.手作りチョコレート 比較

まず贈る側が悩むところが、市販のチョコレートを買うか手作りするかですね。

そこで簡単に比較してみました。

市販メリット  種類が豊富。買うだけで済むので手軽。プロの技による趣向を凝らした見た目、味のものがあり高クオリティ。
市販デメリット  商業チョコレートなので価格が高い。身近な店で買った場合、受け取った方で被る可能性がある。
手作りメリット 良質な材料が使える(生クリームやナッツなど)。市販よりコストカットできる。自分の思うアレンジができる。
手作りデメリット 制作時間がかかる。ラッピングの手間がかかる。作った人のスキルによって仕上がりに差が出る。

…という感じでどちらもメリットデメリットがありますが、特に仕事などで忙しい人には買う方が向いていますね。

 

これらを踏まえた上で市販商品をバレンタインデーに贈るとなると、気になるのはやはり「価格設定」と具体的な「商品選び」です。

価格設定は贈る相手によっても変わってきますが、特に私は味、そして原料の良さも見てほしいですね。決してオーガニックだとか植物油脂は認めないとか出なく、香料でごまかしていないとかそういうポイントです。

手作りであれば元々原料選びからこだわることができますが、市販だと原料は自分では選べませんから、裏面や実際に食べたことのあるものはどんな味だったかしっかり思い出して選んでみてくださいね!

 

おすすめのラッピング/組み合わせ

身近なお店でバレンタインチョコを買った場合に気になるのが、ラッピングやチョコの組み合わせ。ここでは、私のおすすめの方法をご紹介します。

 

1.できたら、簡単でもラッピングを!

当然ですが、スーパーやコンビニで購入してもラッピングは基本的にありませんね。(元からギフト包装された物も中にはありますが。)

しかし、どんな物であれプレゼントとは気持ちを表したもの。裸でポンと渡すのは「あなたはその程度の相手」という意思が少なからず感じられ、受け取った人の中には複雑に感じてしまう人もいるでしょう。

なので、100円ショップのラッピング用品を使って簡単にでもラッピングする事をおすすめします。ラッピング用バッグに入れてシールやリボンをつけるだけで、見違えますよ!透明フィルムに入れて口をギュッと縛るだけでも印象が変わります。

バレンタイン前には包材の種類も増えるので、たくさんの種類から選ぶことができます。

 

2.オリジナルアソートを作る。

…見慣れたチョコレートでも、多数のフレーバーがあるものは全種類制覇している人はそう多くないかと思います。そして、何も全種類を箱ごと入れる必要はありません。しっかりした個包装のものであれば、バラしてオリジナルアソートを作ることができます。

フレーバーの種類の多い個包装チョコレート(例えば明治ザ・チョコレート)を1枚ずつ全種類入れたアソートにすれば、手軽にオリジナルギフトにできますよ。

例えば、

  1. シリーズ全種類コンプリートアソート
  2. 自分がおいしいと思うおすすめ厳選チョコレートアソート
  3. アルコール系チョコレート、ホワイトチョコレート、などフレーバー縛りのアソートチョコレート

…このようなアソートチョコレートは、市販にはないオリジナルの組み合わせになるので、新鮮な印象で喜ばれること間違いなしですよ!

あげる人の好みを考慮に入れれば、より喜ばれるギフトになることでしょう。

 

スポンサーリンク

スーパー/コンビニの市販チョコは、誰宛て向き?

本サイトで紹介しているようなスーパー、コンビニで購入できるチョコレートも、近年ではかなりパッケージや商品の品質にこだわったものが多くなり、バレンタイン需要に応えられるものが増えてきました。

私的にスーパー・コンビニで購入した商品を贈るのに向くのは、「友チョコ」「義理チョコ」「会社や学校のばら撒き用」ですね。

身近な場所で購入できるチョコレートは、贈られる相手もよく知っている商品の場合が当然あります。そうなると、本命チョコのような「特別さ」を演出するにはあまり向きませんよね。

逆に気軽なプレゼントととして友人知人に贈る場合に向いています。価格も手頃なので、もらった相手がお返しで気負う事もありません。

なので、このページで紹介しているようなチョコレートは、友チョコ、義理チョコ、ばら撒き用にぜひ候補に入れて欲しいチョコレートです。

以下に、おすすめのチョコレートを具体的に挙げていきます。

 

味のクオリティが高いものだけ厳選、おすすめチョコレート!

さて、ここでやっとおすすめチョコの登場です!

毎回味の感想が率直な当サイト(口コミサイトではどの商品も全部褒めてるとこも多いですが…私は思った通り書く派なので評価が時により辛口です。笑)の中で、記憶に残るベタ褒め商品を挙げました!

No.1〜3までで、1が最もおすすめです。

 

おすすめNo.1!味、パッケージ、コスパどれも◎の万能選手!

ダースプレミアムシリーズ(森永製菓)!

…最も押したいのはこのシリーズ!シンプルで上質なパッケージに、小さいながらにインパクトのある濃厚な味わい、口どけ。1粒食べれば、他との違いが実感できますよ。

 

ダース プレミアム(ミルク)(レビュー記事へ)

ダース プレミアム

2017年発売で最も「これはうまい!」と私が素直に感動した商品がこちら!

冬限定の「口どけの良さ」をうたったチョコレートは各社各ブランドから多数発売されていますが、今期食べた中でこれが最も口どけ良かったです!!正直全然溶けないじゃんって物もあった中でこれは間違いなくトップ!もしコンビニやスーパーでバレンタインのチョコレートを買うなら、これは絶対候補に入れてほしい。

おすすめポイントとしては、上品なゴールドで特別感のあるパッケージ。(シリーズ内で比較しても豪華!)生クリームをふんだんに使い、口の中ですっととろける驚くほどの口どけの良さ。(他とは段違い!)そして洋酒の風味で、大人も納得の奥深い味わい。

超話題の商品ではありますが、何度食べてもやはり口どけよく美味しいです!よくできた商品だなぁ…とパッケージデザインや味に感嘆です。

ただ、期間限定生産(12月末日まで)なので、まだ在庫があるお店orネットで購入!という感じですね。記念的商品なので期間限定は納得なのですが、もっと販売期間長くとも…!!と思います。

 

ダースプレミアム フルーツ&ナッツ(レビュー記事へ)

ダース プレミアム フルーツ&ナッツ

…こちらはまだレビュー記事を書き上げてませんが、小さな一粒でギュッとナッツとフルーツの旨味、ジューシーさが凝縮。驚くほどフルーティで香ばしいのは、ナッツとフルーツがたっぷり練りこんであるから!

後ほど記事を書く予定ですが、おすすめです! →2018.02.02 レビュー記事公開しました!

 

おすすめNo.2! 原料のバランス調整でさらに食べやすくなった、本格お酒チョコレート!

メルティーキッスシリーズのうち、アルコールチョコレート!

…毎年人気の「メルティーキッス」シリーズの中でも、お酒がガッツリ効いた大人の味で、お酒とチョコのバランスが良い味でおすすめ!

 

メルティーキッス くちどけブランデーオレンジ(レビュー記事へ)

メルティーキッス くちどけブランデー&オレンジ

 

メルティーキッス くちどけラム&レーズン(レビュー記事へ)

 

昨年版は特にラムレーズンの方でかなり酒がキツイ、カドのある味だったが、お酒の配合調整によりどちらも格段にまろやかで口当たりの良いお酒の風味に。普段お酒入りのチョコを食べない人でも食べやすいでしょう。

さらにチョコレートとの一体感も増しており香りも良いので、1本満足度が高い!リニューアル効果がしっかり出た、より洗練された味なので、お酒好きな方に贈るのにおすすめ。

ちなみに、他社ロングセラーの大定番・ラミー&バッカスや、同じメルティーキッス内でもキューブ型のプレミアムショコラと比べ、まだ発売後の年数が浅いのでメジャー過ぎないのもポイントです。

どちらも美味しいですが、よりチョコレートとの一体感がありフルーティなオレンジの方が特におすすめですよ。

 

おすすめNo.3! CM放映中の話題商品にして実力派な新製品!

ホーバル シリーズ!

2018年新発売の新シリーズ!ソースインタイプの大粒チョコレートです。シーリングワックスをイメージしたデザインと「ひと口でほうばる」という斬新な食べ方の提案、その通りにして得られるおいしさ…CM放映中でトレンド感もあります

 

ホーバル キャラメル(レビュー記事へ)

ホーバル キャラメル

私も実際に食べてみたのですがソースのインパクトが素晴らしいですね。グリコを代表する人気商品であるキャラメルのイメージがありながらも、バターなどの風味が後味にかけて濃厚に口に広がる満足感。

後ほど当サイトでも記事をアップ予定です。とりあえず今回は写真だけ…!

→2018.02.11 レビュー記事公開しました!

 

 ばら撒き用にぴったり!

義理チョコの大定番!

ブラックサンダー シリーズ!

公式義理チョコショップが展開している、キング・オブ・義理チョコと言えばやはりこれ!

 

ブラックサンダー  プリティスタイル サングリア

ブラックサンダー サングリア

特に男性に贈る義理チョコは「まさかこっちに気があるのかな…?」なんて面倒な勘違いをされないためにも「義理チョコ」だという事がしっかり伝わることも重要!その点、義理チョコブランドとして定着している節のあるこの商品であれば、渡す側も安心ですね。

新商品には女性受けを意識した商品やプレミアム感のある商品も展開しているので、あげる相手に合わせてそのバリエーションから選ぶと良いでしょう。(こちらもまだ記事準備中です。笑)

 

知らない人はいない!大ヒット本格タブレットチョコレート!

明治ザ・チョコレートシリーズ!

言わずと知れた、明治のリニューアル大成功ブランド。リニューアル前のデザインはパッとしなかったですが、このリニューアルでSNSでの露出も増え大ヒットしましたね。「インスタ映え」と言えばこのパッケージ、と思い浮かびやすいほどデザイン性の高さは評判です。

味はどれも良いですが、特に特徴がしっかり出ていたり、香りづけなどがされている物の方が味が明快なのでよりおすすめ。

 

明治ザ・チョコレート コンフォートビター(レビュー記事へ)

…海外での受賞歴がある実力派ビターチョコレート。苦味がしっかりしつつも程よい甘みで、普段甘いものを食べない人へのギフトとしても向いている。香料が入っておらずチョコレートそのものの風味を楽しめるので、本格派におすすめ。

一時原料供給が不安定になり発売休止にもなった話題のフレーバーでもある。

 

明治ザ・チョコレート フランボワーズ(レビュー記事へ)

…華やかなベリーの香りの酸味でスッキリとした後味、かわいらしいピンクのテーマカラーで女性におすすめ。

 

明治ザ・チョコレート 抹茶(レビュー記事へ)

明治ザ・チョコレート 抹茶

抹茶とチョコレートのほろ苦さと旨みが合わさった、オトナの抹茶味。年齢の高い人にも受け入れられる、和テイストで甘み控えめの味わい。

 

…といった感じで、個包装にも凝ったデザインと1つ一つにテーマカラーと幾何学模様のデザインが設けられ、華やか。現在全8種とフレーバーの種類も豊富。

なのでちょっと気の利いたばら撒き用として、1箱そのままはもちろん、バラして数種類アソートにしたり、カゴなどに入れて好きなものをその場で選んでもらうなど、気軽にプレゼントできそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?

バレンタインチョコレート、どのようなチョイスにするかは悩ましいところですね。

今回は、お菓子の元企画開発部員としての視点で、味が良く相手に喜ばれるだろうチョコレートをチョイスしました。どれも有名どころではありますが、味の良さやパッケージデザイン、コスパなど製品ごとに優れている点があるからこそ人気や話題になっている事と思います。

バレンタインチョコレートをスーパーやコンビニで購入予定の方にはぜひ候補に入れてほしいですね!

 

ちなみに、私イチオシの「ダースプレミアム」、期間限定生産のためだんだん店頭から無くなってきてしまっているのでこれだけリンク貼っておきます。

まだ食べた事ない人は、この機会にぜひゲットしてみてください!

 

Amazonアソシエイトーサーチウィジェット(トップ

楽天アフィリエイト

-まとめ・考察
-, , , ,