食べ研

元食品企画開発部員による、お菓子の情報・口コミサイト。定番&期間限定のスーパー、コンビニ菓子を深掘り!

チョコレート

【新発売】HOBAL(ホーバル )カカオ(グリコ)商品分析!

どーも!食べ研です。元企画開発部員のティーがお送りします。

本日のお菓子は、【新発売】HOBAL(ホーバル )カカオ  です!!

ホーバル カカオ

今日も好き勝手に市販商品を分析していきたいと思います。さっそく見ていきましょう。

 

※関連記事

【新発売】HOBAL(ホーバル )キャラメル(グリコ)商品分析!

 

スポンサーリンク

基本データ

まずは基本データから。

商品名  ホーバル  カカオ
製造者  江崎グリコ株式会社
名称  チョコレート
内容量  8粒
原材料  カカオソース(果糖ぶどう糖液糖、加糖練乳、植物油脂、ココアパウダー、ココアバター 、クリーム、バター、食塩、砂糖)、砂糖、カカオマス、全粉乳、植物油脂、ココアバター 、ホエイパウダー/乳化剤、香料、増粘剤(精製カラギナン)
原材料中に含まれるアレルギー物質(27品目中) 乳成分・大豆
賞味期限
発売日  2018年1月16日(火)
発売エリア  全国
価格  オープン価格
商品コンセプト・説明  コンセプト:とろ~りソースがたっぷり入った大粒チョコレートなので、お口いっぱいに広がるコク深い甘さに陶酔できるし幸せ頬張る、大粒チョコ。
製品特長:
・とろ~りソースがたっぷり30%以上(重量比)入った大粒チョコレート。
・ソースは練乳や生クリームを使用したコク深くまろやかな味わい。
・専門店のボンボンショコラ並みの食べ応えを目指した、一粒10gという、市販では珍しい大きさ。
・一口で食べられる大きさでありながら一粒でも十分に満足できるボリューム感。(ニュースリリースより)
備考  新発売、新ブランド

グリコより、新ブラントとなる「HOBAL(ホーバル)」シリーズ第一弾商品として、「HOBAL カカオ」が新登場。

 

商品キーワード

新発売、新ブランド、HOBAL(ホーバル)、カカオ、大粒チョコ、ボンボンショコラ、贅沢、とろ~りソース

やはりここで注目すべきは、「新ブランド」「カカオ」「とろ〜りソース」というポイントですね!

この新ブランドの特徴などは当サイトの「ホーバル キャラメル」のレビュー記事で詳しく説明しているので、気になる方はそちらをご参照ください!

 

さて、今回の商品は「ホーバル カカオ」。カカオと言えば、チョコレートらしい風味を出すのに欠かせない、チョコレートを特徴付ける重要な素材ですね。

それが商品名になっているということは、他のフレーバーによる風味が付かない分シンプルにカカオそのものやミルク系の風味がシンプルに出た味わいになっているということですね。酸味やアルコールなどの苦みなどもない分、人を選ばずに楽しめるフレーバーです。

多くのメーカーでも、このようなベーシックな味わいの商品はブランドの通年販売商品として採用されていますね。

 

今回のグリコの大注目新ブランド「ホーバル」からの第一弾商品のフレーバーとして選ばれた商品でベーシックな味だけあって、ブランドの方向性がわかる大注目商品ですね!

 

スポンサーリンク

製品購入データ

こんな場所で実際に購入しましたよー。

購入店舗  ドラッグストア
購入日  2018/2/5
購入価格
備考

価格不明…ですが、おそらくスーパーで購入した「ホーバル キャラメル」の方と同程度の価格(¥238前後)でしょう。

 

製品チェック

パッケージ

それでは、パッケージから見ていきましょう!

パッケージ(表)

ホーバル カカオ

青をベースカラーにした茶色との色の対比が鮮やかなデザイン。青はややくすんだ色味ですね。パッケージ右側には溶けだしたチョコレートをイメージしたシズル感あるデザインで、商品のポイントとなる「とろ~りソース」の雰囲気が伝わります。

商品の真ん中にソースがとろりと流れ出した商品のカット断面と、その上の「とろ~りソースがあふれ出る」というキャッチフレーズが印象的です。

商品名はゴールドの印刷となっていますが、リッチ系のチョコレートのパッケージでよくある「箔押し」ではないため遠目には派手さはなく控えめな印象です。

 

パッケージ(裏)

ホーバル カカオ

左側3分の1に商品説明、残りにパッケージ関連必要事項。

商品のカット断面と共に、とろ~りソースをアピールした商品説明が入っています。

 

パッケージ(上下)

ホーバル カカオ

ホーバル カカオ

ゴールドの背景にブランド名・キャッチフレーズ。パッケージ上の右側には表パッケージのようにとろけたチョコレートのイメージ写真が入っています。

 

パッケージ(側面)

ホーバル カカオ

ホーバル カカオ

側面は青の背景色に、ブランド名。

 

栄養成分表示拡大

1粒10gと大きい分重量もありますね。1粒あたりのカロリーは53kcal。「ホーバル キャラメル」とは各数値ともほとんど変わりません。

 

原材料表示部分拡大

ホーバル カカオ

ここで注目すべきは原材料に「加糖練乳」「クリーム」「バター」「増粘剤」とある部分ですね!

最も多く含まれる原料は、「ホーバル キャラメル」同様にまとめ表記となっているソース部分で、こちらの商品では「カカオソース」。次いで「砂糖」「カカオマス」と続きます。

 

今回のフレーバー「カカオ」の要となる原料は「ココアパウダー」「ココアバター 」「カカオマス」ですね。これらはすべてカカオ豆を加工して得られる原材料で、見た目や味は違えどカカオらしい特有の風味を形作ります。特にカカオマスやココアパウダーは、コクや深みのある苦味が特徴。

 

今回のカカオソースは糖分をベースに、油脂、乳成分、ココアパウダー、食塩でできています。ソースの粘度は、添加物である増粘剤で調整されていますね。手作りのソースは大抵煮詰めることでとろみを付けますが、多くのメーカーではこのように増粘剤で手軽かつ正確に粘度をつけます。(安定した大規模生産には欠かせませんね)

 

味の傾向としてはカカオマスやココアパウダーによって苦味やコクがあり、食塩が少量入ることで甘みが引き立ち後味のキレも良くなります。

また、ソース中にはクリーム、バターが使われミルク系のコクと濃厚さを出しています。

 

全体として糖類が多いことでベースの味はしっかりと甘みがあり、カカオのほろ苦さと乳化系原料の濃厚さがアクセントとして効いていそうです。ソースにもカカオマスが含まれる分、「ホーバル キャラメル」よりもこちらの方が甘さ控えめでしょう。

 

添加物は、乳化剤、香料、増粘剤の3種類。上記の通り粘度を付けられ、香料によって香りづけされています。

 

包装

個包装もチェック。

外箱を開けたところ

ホーバル カカオ

開け口は右手側に。開けると内側は印刷なしでシンプル。

 

個包装(表裏)

ホーバル カカオ

ホーバル カカオ

アルミ蒸着の青色の包装で、ブランド名入り。

 

商品実物

実際のお菓子がこちら。

包装を開けたところ

ホーバル カカオ

黒いトレイに8個入り。

 

商品アップ(表裏)

ホーバル カカオ

シーリングワックスをイメージした、高さのある一粒チョコレート。

 

断面(割ってみたところ)

ホーバル カカオ

温度が低かったため包丁で切れたが、ソースには少しとろみがある。

 

〈外観(見た目・サイズ)〉

〈見た目〉

シーリングワックス(封蝋)をイメージしたチョコレートの表面には、商品名の頭文字である「H」の文字が筆記体で書かれています。

上品でどこかクラシックな印象ですね。見た目が華やかです。

 

外側から見ると高さのある普通の粒チョコですが、半分に割って見るとソースがたっぷり入っているのがわかります。

端までしっかりと入ったソースは、(今回食べた際の)気温・室温が低いため固まってしまっていました。キャラメルのようなやや粘り気のある伸び方ですね。

暖かい室内では、ややソース状に戻りましたが流れ出るほどではありません。(少し糸を引く感じ?)

 

〈サイズ〉

商品実測値(※繰り返し計測なし)

長さ(cm) 長辺 3.0 短辺 2.8 高さ 1.4

大きめの一口サイズ

高さよりも幅の方が大きいので、自然に口を開いたときに入りやすい形です。

「口いっぱいの大きさ」というホーバルのコンセプトに合わせた絶妙なサイズ感ですね。

 

〈香り・食感・味〉

〈香り〉

香ばしく甘みの感じる、チョコレートらしい香りがします。カカオの風味はそこまで強くなく、香りだけから受ける印象では、苦味はそこまで強そうな感じはありません。

香り自体はやや控えめで、フルーツなどの味の方向づけがない分シンプルな香り。

 

〈食感〉

パキッという音のするくらいのしっかりした固さのある外側のチョコレートと、ややソフトな生キャラメル状のソースとの食感の対比があります。

外側のチョコレートは比較的薄くなっていることもあり少しの固さはありつつも簡単にパキッと割れ、そのまま簡単に噛み砕けます。

一方のソースは、冬の暖房ナシの室温だとさすがにやや固まるようで、生キャラメルのような若干の歯ごたえがありました。

 

ソースが低温でやや固くなるのは「ホーバル キャラメル」と共通のようですね。暖かい部屋に置いておくと、歯ごたえを感じない程度に柔らかく戻ります。

 

〈味〉

コーティングチョコレート層とソース層、2層のカカオの味わいの違いが楽しめます。

コーティングチョコレート層は、噛んだ後にパキッと割れそのまま噛むごとにカカオの香ばしさとほろ苦さが口に広がります。

コクや甘みというよりも苦味とキレの良い甘みで、ミルク感は抑えめ。

 

それに対して中のカカオソースは、ミルク感を前面に出していますね。先味はカカオのほろ苦さが勝っていますが、中味から後味にかけてクリームや練乳、バターによる濃厚なミルクの風味が徐々に増していきます。

 

ソースもコーティングチョコもどちらも味の主役は「カカオ」ですが、食感や一緒に入れる原料を変えることで風味の違いを表現していますね。

具体的には、ソースの部分だけに練乳やクリーム、バターの濃厚なコクと旨味、ミルク感がある事でしょう。この独特のミルク感と食感で、まるでソース部分がチョコレート風味のキャラメルのように感じます。

 

「ホーバル キャラメル」でもミルク系の濃厚な味わいの原料をソースに入れる事で、濃厚さや本格的な味わいを出していました。

「ホーバル カカオ」でも同じような作りになっていますが、食べた時の印象が全く違いますね。

「ホーバル  キャラメル」はキャラメルソースの味わいをチョコが引き立て、「ホーバル カカオ」はソースとチョコでの「カカオの微妙に異なる味と食感」の絶妙な一体感を楽しめます。

今回の「ホーバル  カカオ」では、同じ「カカオ」をテーマとしたものでもソースとチョコレートでまったく異なる魅力を表現していますね。

 

スポンサーリンク

関連商品

ホーバル キャラメル(グリコ)

グリコのボンボンショコラを目指して開発された新チョコレートブランド「ホーバル」の第一弾商品。

30%以上を占めるとろ〜り食感のソースが特長。

※当サイトの記事

【新発売】ホーバル キャラメル(グリコ)商品分析!

 

他社、他ブランドの競合商品

中に詰め物をしてあるのが特徴のボンボンショコラ。このタイプの商品の中でも、ソースインのタイプは食感の変化も出るので組み合わせですね。

フレーバーの「カカオ」ですが、このような商品はお菓子ブランドの看板商品やロングセラー、人気の定番商品として安定した売り上げとなっているものが多いですね。各社・各ブランドからのベーシックな味わいの商品は多数あり、それらは「カカオ」や「ショコラ」「ミルク」などのネーミングで発売されることが多いです。

チョコレートの中でも競合となるような商品は数知れず、ですね。

 

〈同ジャンル菓子〉チョコレート

サロン・ドゥ・ルック ファンダンショコラ(不二家)

サロン・ドゥ・ルック フォンダンショコラ

不二家の人気センターインチョコブランド「ルック」の派生シリーズ。通常品よりもリッチな商品設計で、個包装を施した一粒スイーツ。中のソースはとろりとしている。期間限定発売された商品。

※当サイトの記事

【新発売】サロン・ドゥ・ルック フォンダンショコラ(不二家)商品分析!

 

〈別ジャンル菓子〉アイス

ゴディバ チョコレートアイスバー ブロンドチョコレート(ゴディバ)

ゴディバ チョコレートアイスバー ブロンドチョコレート

ゴディバの期間限定、販売店舗限定アイスバー。外側の厚いパリッとしたチョコレートコーティングと、中のキャラメルソースの濃厚感が特長。

 

(独断と偏見による)製品評価

パッケージ評価 ★★★★☆☆☆オーソドックスな青を基調としたカラーリング、デザイン。
製品評価(味・香り・食感・見た目) ★★★★★★☆同じ「カカオ」がテーマでもソースとチョコ層で違う魅力。
総合評価 ★★★★★☆☆方向性の違うカカオの魅力、ソースの存在感◎

チョコとソース、それぞれでカカオの異なる魅力を表現した一品です。

新ブランドである「ホーバル」の魅力であるとろ〜りソース、30%以上を占めるだけあって味としての存在感も抜群です。大粒サイズなので、自然とチョコそのものも食べ応えが出ています。

 

この商品はチョコレートそのものもソースも、どちらも特別フルーツなどで方向付けされておらず、カカオの風味を活かした味になっています。その中でも、チョコレート本体はカカオの苦味とパキッとしたしっかりめの食感を効かせ、ソースではカカオの風味にミルク系の濃厚なコクととろける食感を出しています。

この対比によって、1粒で異なるカカオの魅力を楽しむことができますね。大粒なのでソースもチョコレートそのものも存在感があり、一粒満足度も高いです。

 

食感と組み合わせる素材によって方向性の異なるカカオの魅力が楽しめるので、総合で★5つです。

このソースの存在感とチョコレートの一体感は良いですね。専門店のチョコレートを目指したというだけありますね! ちなみに、「ホーバル キャラメル」とどちらがおすすめかというと「ホーバルカカオ」の方がやや甘みが控えめで味に癖がなく、万人向けなのでおすすめです。キャラメルの方は甘みがかなり強いので、甘みが強いのがお好みの方に向いています。

 

まとめ

グリコの新ブランドより、「ホーバル カカオ」

新商品では、ネットの反応や店頭ではこちらの方が評判が良いようですね。(私の見た範囲でも、やはりキャラメルよりこちらの方が売れていました)

店頭では売り切れていたり店によって入荷自体していなかったりするので、気になる方は根気よく探すかネットが良いかもしれません!お試しあれ。

Amazonアソシエイトーサーチウィジェット(トップ

楽天アフィリエイト

-チョコレート
-, , , , ,